野池めぐり2 -

2009.3.22

 

暖かさと寒さを繰り返しながら、春はやってくる。
この時期、多少なりとも花粉症に悩まされる。
まあ、悩むほどでは無いのだけど、マスクを外せない時が幾日かあった。
中には、マスクを外したら死んじゃうよと言う人もいて、何だかダースベイダーみたいだなと思った。

さて、暖かくなったから、釣りの方はどうだろう?
ここ最近、Ar氏との釣行はシーバスの方だから、たまにはバスはどうだろうか?
時期的にバスはちょっと早いみたいだが、やってみるのも悪くは無い。
ええい、こうなったらバスとシーバス両方やるべか。
午前中はバスをやって、午後はシーバスという、豪華2点セットだあ!
これはもう想像しただけでも楽しそうだった。
いや待てよ、深夜にシーバスやって、朝方バスやって、昼間はサーフでヒラメやって、それからまたナイトシーバス。
おお!これはフルコースだな。
でも一体何時休むんだろうかね。

という事で前日の早朝から、タックル2点セットを積んだ車を千葉へと走らせた。

最初の野池で、先行者が47を上げたのを聞いて、モチベーションも上がる。
とりあえずオカッパリから攻めていくが、どうも無反応。
フローターに切り替える。

しかし、池の水温が低いうえに、ウェーダーがネオプレーンでは無いため、下半身はかなり冷たい。
幾分風も出ている為、向かい風に向かってフィンで水を蹴って行く。
オーバーハングしたポイントにルアーを打ち込んでいくが、バイトも得られない。
はやり水温が低すぎるのか?

真ん中ぐらいでスピーナーベイトのスロー引きにやっとヒット。
しかし、これはフックアウトしてしまう。ああ残念。
でもフローターからのランディングって難しそうだなあ...。

一旦休憩後、折り返して逆の岸際を攻めていくと、途中でAr氏がヒット!と叫んだ。
でかい!むちゃくちゃでかい。
ええ!?そんなにデカイのか、と近くに行くと、なるほど確かに大きい。

しかも、しっかりとスピナーベイトを喰っているから、鯉もなかなかタフな奴だ。
とにかく引きは楽しんだから良かったじゃないか。
僕は、とにかく寒くて、最後は体をガチガチにさせながら岸に這い上がった。
これはこれで、体力を使うものなのだ。

低気圧のせいか、風が強くなり雨まで降ってきて、台風でも上陸したのかと思うほどだった。
この状態では海はまず諦めるしかなかった。
2,3の池を廻った後、車で仮眠する。
連れは物凄いイビキを掻いてうなされていたから、相当疲れていたのだろう。

最後に寄った野池で、やっと魚がヒット。
慎重にやり取りし、今日初めて魚の顔を拝めた。

シーバスもバスも関係なく、やはり釣りは面白い。でも難しい。
本当は豪華2点セットだったんだけど、まあ良い。

とにかく疲れたけど、もしかしたら自分は雨男なのだろうか?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中