野池めぐり3

2009.6.5

 

またまた千葉の野池に行って来た。
深夜、アタックファイブ(ドラッグストアーと釣具屋が一緒になった店)に立ち寄ると、そこはもう家畜の臭いが闇夜に漂っていた。
そしてたぶん近くには、湾奥とは比べ物にならないくらい綺麗な青色をした、館山の海が広がっているのだろう。

そんな海もバス釣りになると、素通りしなければならない。
ほとんどミステリーツアー状態で最初の野池に着いてみれば、もう薄っすらと空が白みかけていた。

まだ朝露で濡れた岸からロッドを降るも、期待通りの反応は得られなかった。
予定どおりフローターを出す。

移動しながら岸際のオーバーハングを打つ。
そして、何か引っかかったかな?と思ったらヒットしていた。


フローターからのランディングは慣れていないから難しい

やっと出た魚だったので、魚は岸際ギリギリに着いているのだろうと、シェードパターンで打ちまくる。
打ちまくるといっても、これが中々難しい。
柔らかいロッドを使っているからだろうか、ルアーが上に跳んでいって木に引っかかってしまう。
この場合は、やはりベイトタックルの方が有利だろうか。

池の奥の奥まで進んでいくとジャングルみたいになっている。
かなり散策してみたが、結局この池では1匹だけしか出なかった。

しかも途中で雨が降ってきたので、全くもって僕が雨男であることが証明された。
その雨の中を、車で小一時間移動(千葉県と言っても広い)。
一睡もしていなかったので、睡魔がどどんと襲ってきた。

雨の中、ポイントを幾つか廻り、以前行った場所で勝負することにした。
しかしその前に一眠りしようと、車内で3時間も眠りこけてしまった。

その間、Ar氏は雨の中数匹釣っていたみたいで、なかなかタフな所を見せていた。
魚が居るとなれば、雨が降ろうが池の水が冷たかろうが、ロッドを振りたくなるのが釣氏。

水の中は思ったより冷たく、更に体温を奪っていく。
(いつも思うのだけど、フローターをやる時は暖かい格好をしてくるべきだ)
とにかく寒かった。

またオーバーハングを打っていくパターンで、反応を探っていく。
野池のバスの場合、木から落ちてくる虫などを捕食しているみたいだ。
(全くいろんな小さな虫がいろもんだよ)
この場合、魚は上を意識しているので、いくらCD7で駆け上がりを狙っても、あまり期待は出来ない。
その辺がシーバスとは違ってくるのだろう。

そのオーバーハングした岸際ギリギリの所にキャストが決まると、これがとても気持ちがいい。
逆に、枝に引っ掛けたりしてしまうと、ルアーを取りに行かなくてはならないので、それでポイントが荒れてしまう。
この釣りの面白いところは、何と言ってもキャスティングかもしれない。
キャスティングが上手く行けば、魚を獲れる確率も高くなる。


スピナーベイトで38センチ

夕方近くなって、やっと魚もポツポツ釣れるようになったが、型が出なかった。
(スピナーベイトにチェイスしてくる魚が居たり、バスにとってスピナーベイトって何かね?)
夢中になりすぎて、寒さを忘れてしまった。
暗くなると、どこかからか動物の咆哮が聞こえて来て、不気味さをかもし出していた。

雨の恵みはあったと思うが、バスフィッシングも奥が深いなあ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中