ヘビーゲージ

2009.7.10

 

久々のシーバス。
(いや、短時間だけ近くの川で竿を出してはいたのだが、反応があるものの釣り上げることが出来てなかった)

どうも梅雨時のこの時期は、魚のキャッチ率が少ない(仕事が忙しいという理由もあるし、もちろん腕の問題もあるが)。
中国のことわざに、『その日魚が獲れれば、全てが報われる』とあるが(全くのウソ)、この日は必ず釣りたかった。


夕方から晴れ間が見えた

浦安、運河、荒川河口とラン&ガンをしていく。
浦安ポイントは風が強く、釣りにならない。
一応風裏で反応を探ったが、ノーバイト。

風裏の運河筋はたっぷりと水が入り、クラゲの数も半端じゃ無い。
暗くなってからの下げ潮で狙おうかなと思ったが、結局荒川河口へと移動。

風は少し収まり、よしここから本番だと気合を入れる。
(僕のギターにはいつもヘビーゲージじゃないけど、僕の釣りもいつもヘビーゲージみたいなものだ)
そして下げ潮が効きだした矢先に、手前3メーターで下からバイトしてきた。

よし、ヒット!

掛かった魚は50クラスだが、久々のシーバス。
おもむろにランディングネットを差し出すと、ネットで魚を弾いてしまい、見事オートリリースしてしまった。
ガチョ~ン!何やってんだ。

気を取り直して、同じようにトレースすると、同じように下から喰い上げてきた。
手前3メーター位に、ストラクチャーが沈んでいるのだ。

よしよし、今度は慎重に...と思った瞬間にエラ洗いしてフックアウト。
...言葉も出ない。
まさに、情熱と挫折の繰り返しなのだ。

何だか、このまま終わってしまったら、多分悔しくて夜も眠れないだろう。
何とかせねば。
何せ、『その日魚が獲れれば全てが報われる』のだから。

再度、気を取り直し、横に少し移動してキャスト。
足元の魚を放って置いて、沖の流れの中心にルアー(バース)を通す様にイメージする(あくまでもイメージだ)。

大潮の流れで、ルアーが左から右に流されていく。
良い感じだ。
ここで釣らねば、いつ釣る?

喰い付け、シーバス!
(喰いつかなかったら、今日は報われないではないか)

そしてかなり沖の方でヒット!
エラ洗いを2発ばかり見せるが、フックアウトせず足元まで魚を寄せてきた。
2度ほど、魚がストラクチャーに突っ込むのをかわし、右に移動してランディングする。

70行ったか!?


(壊れたクソッたれカメラを使っているから、接写ができない)

ヒヤヒヤしたファイトだったが、それだからこそキャッチした瞬間は嬉しいものだ。
サイズ的には65だったが、気分的には70クラスなのだ。

兎にも角にも、この日の僕は、この魚で報われることがとりあえず出来たようだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中