フローター大作戦

2009.9.17

 

バスをやりに、深夜から千葉に行く。
自分にとってバス釣りは、気楽に楽しめる釣り。
メインのシーバスももちろん楽しいが、特にこの時期は大物を釣らなくては!と変にプレッシャーが掛かる。
だから、たまに息抜きの釣りを楽しむのだ。

今回は、僕とAr氏と千葉の若者のKクンとNobuクンでフローターをやる。
軽トラで来たそのセーネン2人と、コンビニエンスで待ち合わせて、早速ポイントに行く。

何故か、僕がバス釣りにお供させてもらうと、いつも雨が振る。
しかし、今回は気持ちが良いほど晴れ渡った。
最初の野池ポイントは山の中で、蝉がワンワンと鳴いていて夏に逆戻りしたかのようだ。
こういった池の水は結構冷たいので、ズボンを2枚重ねで挑む。
水面が鏡状態で、とても気持ちが良い。
まさにフローター日和だ。

水がクリアウォーターなので、日が昇ればやはりシェードを狙う事になる。
奥まったシェードを叩くと、早速反応。
クリアウォーターなので、スピナーベイトでフォーリング中にバイトしてきた。
小さいが、最初の一尾は嬉しい。
バスは少し潜った所にステイしていた。

そしてここから1キャスト1バイトが始まった。

スピナーベイトだけではなく、ミノーにも反応が良い。
何でも良いんだろうか。
数は沢山出るが、型が出ない。
どれも小さい奴か、30有る無しだ。

しかし、ここでちょっとした問題発生。
Nobuクンは今回がフローター初めてだが、何と肝心なフローターに小さな穴が開いていたのだ。
先輩であるKクンから釣った後にフローターを借り、やっと初入水。
「すげー」「楽しい!」と大声で大はしゃぎ。

昼近くなり、次のポイントに移動。
しかし、睡魔がどどどっと洪水のように襲ってきた。
眠い眠い。
僕は助手席に座ってこっくりしていたが、運転していたAr氏もこっくりしていた(おいおい頼むよ)。

移動中に、穴の開いたフローターを直す為に、店を色々廻る。
結局、100円ショップで自転車のパンク修理キットを買ったみたいで、取りあえずそれで補修することに。

折角、房総半島まで来たのだから、たまには美味いものを食おうと一軒の店に入る。
鯵の刺身を頼んだのだが、しかしこれが中々出てこない。
で、僕らは4人で釣り話をして気長に待つ。

千葉のセーネン2人は、先輩と後輩という仲。
2人とも、本当にバス釣りが好きみたいだ。
後輩だけに、Nobuクンはつかいっぱみたいな感じだが、Kクンはフローターを直してあげたりして優しい所もある。
まあ、見てて微笑ましい釣りコンビだな。

ポイントに着きフローターを浮かべる。
ポイントはいつものポイント・ラパラ(でっかいラパラで釣れた事があったから)。

Nobuクンのフローターは自転車のパンク修理キットでは直らず、結局ガムテープぐるぐる巻きという荒業をする。
だから、あまり陸から遠い場所には行くなと先輩から忠告される。
最悪、フローターから空気が漏れでもしたら釣りどころではなくなる。
釣果も沈んでしまうし、自分も沈んでしまうよ。
まあ、一応ライフベストは着ているけど。

僕は、池の奥の奥まで行く。
魚は、日中は陸よりのポイントより、離れた場所に居るのではと思ったのだ。

そして重めのルアーをカウントダウンし、ボトムを取る。
PEラインだと、斜めに落ちている駆け上がりなんかも分かり安いのだ。
ルアーを落とすところは岸際ギリギリの所、もしくは駆け上がりを意識した所。
だから、キャストが正確で無いと、魚からのバイトを得るのが難しくなる。
オーバーハングした木の枝にキャストするのは中々難しいが、決まると気持ちが良い。

そしてファーストヒットは37センチ。
カウントダウンしてボトムを取ったら喰ってきた。
よしよし。

たまにポチャンとかドッポンと聞こえるが、これはどんぐりだった。
頭に落ちてきてビックリしたが、となりのトトロでも居るような雰囲気だ。
周りは鬱蒼とした森に囲まれているので、動物の咆哮も聞こえてくる。
(他の2人はイノシシを見たらしく、その野生気にびくついていた)
ウオーとかキョオーとか不気味な鳴き声だ。
たぶん僕らを威嚇しているのだろう。

夕方に成るにつれ少しずつ反応が出てくる。
そして陸っぱり近くのシャローエリアへ移動。
きっちり狙えば、答えもしっかり出る。

39.5センチの次に、岸際を平行に引いたら42センチが出てきた。
なかなか良いファイトをしてくれた。


重めのジグヘッド&ゲーリーヤマモトに42

ここから数連発。
バスの口は結構硬いからバラしも少ない。


激安スピナーベイトで41センチ

暗くなるにつれ、鬱蒼とした場所ではキャストが難しくなるが、魚のレンジも浅くなっていく。
そして何匹か釣った所で、動物の咆哮と混じって、人間の咆哮も聞こえてきた。
浅場でやっているNobuクンだ。
まさか、フローターが沈みかけたか!?

と思ったが、近くに行ってみると「やったー釣れたー」と叫んでいた。
釣れたみたいだ。
「写真撮ってくださーい」と叫んでるので、僕は足が攣りそうなのをガマンして近づく。
どうも、自分で作ったルアーで釣れたみたいで、それで喜んでいたみたいだ。

それにしても凄い喜びようで、こっちまで嬉しくなってくる。
浅場で半分沈みそうなフローターで、ストイックに頑張った甲斐があった。
本当に良かった(彼は釣りが終わって、首の下にヒルがくっ付いていてもニコニコ笑っていた)。
釣りの楽しさは、釣った魚の大きさでは無いんだなと改めて思わされた。

でも自分は、今日は本当に良く釣れた。
バスをやってこんなに釣れたのは初めてじゃないかな。
フローターの方もランディングも慣れてきて、良い釣ができたと思う。
ん?そう言えば一睡もしてないな。

2人を乗せた軽トラックを見ると、助手席のKクンは爆睡していた。
良いコンビだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中