散乱

2009.10.11

少し前に、大きな台風が日本列島を横断していった。
先月に旅行で行った和歌山は、その台風の影響を免れる事は出来ず、結構な被害も受けただろう。
東京に関しても、多少の被害はあったろうが、以外にも台風の速度が速く、夜から朝のうちに通り過ぎたみたいだった。
関東平野に入り込んでくる前に、日本アルプスに台風がぶつかり、いくらか勢力が弱まっているのかもしれない。

しかし、台風の爪あとは、しっかりと残していった。
それは、暴風が海面を押し上げ、その荒れ狂う波によって打ち上げられた沢山のゴミの山だ。
普段は、そういったものが無いところに、きちんと(と言うのは変か)固められていた。
これだけのゴミが、海から打ち上げられたとは、ちょっと驚きだ。
これはもちろん氷山の一角に過ぎないが、まあ大した量だ。
一番目立つのが、ペットボトルだろう。もうかなり劣化していて銘柄も分からなくなっていた。
ペットボトルは資源ゴミで、それを集めている業者もあるし、これを拾えば商売になるのかもしれない。

そんな台風は何処へ言ってしまったのかと思ってしまうくらい、気持ちよく晴れた休みの日。
朝食の食パンをかじっていると、外で車の急ブレーキ音と共に、ドンという鈍い音が聞こえた。
案の定、パトカーや救急車両が駆けつけて来たから、やはり交通事故が起きたのだと思った。
こんなにも天気が良く気持ちのいい朝なのに、事故を起こした人は本当に気の毒だなあと思った。

どうも、何かの記念碑にぶつかったらしく、その立派な石造は無残にも倒されていた。
しかし、夜になっても倒れっぱなしだったし、壊れたガラスなども散乱していたので、事故処理後そのままにしておくのはどうかなあと思う。
何事も知らず、その倒れた石造を見た人は、一体全体何事か起きたのだ?とちょっと驚いてしまうのではないか。
少しは地域住民の事も考えて欲しいものだ。

夜は、やはり休みのためか人が多い湾奥に行く。
なんだか、口を使ってくれる魚自体も、散ってしまったような感じがした。


↑エラ洗いは豪快だったけど

魚釣りというよりも、殆ど運動をしにいった感じ。
釣りって、意外と(特に無駄な動きのある自分は)体力を使うんだよね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中