荒川と太公望

2009.10.16

 

少し前に、干潮間近の荒川を偵察してきた。
かなりソコリに近い時間帯だったので、疑心して竿を出したら、やはり無反応。
北風に押された水面は、鏡状態で幾分隙透き通っていた。

レンジを下げてみようとルアーをチェンジすると、一投目で来た。

更にCD7に変えると、今まで何をしていたんだというくらいバイトが出た。
サーフェイスミノーを遠投していたが、魚はもっと近くに居たのだった。

いくらかバラして、引き潮は緩まっていった。
水面が鏡上で大人しい時は、魚のレンジは下がってしまうのだ。

フト、北の上空を見ると、何やらアヤシイ雨雲が大きな山脈のように立ち込めている。
しかも、さらにはピカピカと雷まで発生させている。
天気予報では、「夜は雷雨になるでしょう」と言っていたが、たまには天気予報も当たるもんだと感心している場合ではない。
雨粒がジャケットに当たってポツポツと音を立てていたが、次第に雨粒が大きくなってそれがバラバラという音を立てた。
同時に雷鳴が凄まじい音と共に響き渡り、更にさらに強風まで吹く有様で、穏やかだった天気は一気に豹変した。

アレヨアレヨと言う間に、僕はずぶぬれ状態になり、履いてきた長靴の中はコップ3杯くらいの水が入ってしまった。
その豹変振りは、まるで村を襲い掛かる大魔神を思わせ、僕は自然の恐怖を感じずにはいられなかった。
少し雨宿りをして(なんとも孤独だった)、一時の嵐を凌いだ。

そして、そのリベンジでは無いが、そのポイントにまた下げ潮を狙おうと思った。
その日、良い下げが効きそうだろうと、漁師みたいに早朝(というか深夜)に起きて出撃した。

深夜のコンビニエンスストアには2、3の客が居て、仕事でもしているのだろ雑居ビルでは煌々と明かりがともされていた。
それでも日中の街とは、さすがに違って見えて、それは完全に闇に支配された世界だった。
肝心のポイントに着くと、少し風が吹いていて、川は波立っていてざわついていた。

先ずは、あえて前回のポイントを外し、少しずらして餌場になるであろうシャローポイントを叩いてみた。
黒板にチョークで書いたようにくっきりと潮目が出ているが、そう簡単には反応は得られない。
まだ早かったかな?もう少し寝ていれば良かったかな?
と思ったが、入りたいところに人影があったので、思わずビクっとしてしまった。
やはりシーズンともなれば、睡眠時間を割いてでもポイントに通いたいのは、アングラーだったら誰だって同じなのだろう。
仕方が無いので、邪魔をしないように少し離れたところでロッドを振ることにした。

何投かしても反応が出ないが、ここはスズキが入ってくることを信じて打ち続けよう。
必ず、スズキは潮が掛かるこのシャローポイントに入ってくるはずだ。
と思っていると、待ちに待ったバイトで目が覚める。

ずり上げた魚は50弱くらい。
満潮からジャスト一時間が経った時だった。
よーし。取り合えず坊主は逃れた。

暖かく感じる北風や下げ潮と共に、潮目の場所も変化していく。
ルアーもZBLミノー(かなり水面直下を泳ぐ)から、グースに変える。

そのグースが何かに引っ手繰られ(もちろんシーバスだが)、ドラグが悲鳴を上げる(実際ドラグは弱めだったので)。
そして豪快な音と共にエラ洗いを見せてくれた。


グースで69センチ

気持ち的にはサイズがもう少しあったかなあと思ったが、本当に秋シーバスは強い引きをする。
その後数本バラして(エラ洗いの音からしてフッコサイズ)、次第に明るくなってきた。

ルアーコントロールを徐々に早巻きに変える。

よーし、よーし、楽しいな。

日が昇り、TKLMでレンジを落とし流れの中を狙っている、物凄い重いバイトがあった。
なんだこれは?鯉か?と思ったが、これがエラ洗い。
音的にはそれほど大きな魚では無さそうだが、まるで根がかりかという引き味だ。
ポンピングで魚を寄せるも、なかなか寄って来ない。
ロッドは、その重みに耐えて大きく弧を描いている。
これはもしかしたら相当でかいシーバスではなかろうか?
朝の寒さも増して足が震えてきた。

しかし、ずり上げると、60有るなしのシーバスにルアーがスレ掛かりしていたのだ。

TKLMはユラユラとしたワイドアクションだし、フックも大きいので、スレ掛かりしやすいのかもしれない(ゴメンよ)。
でも口に掛かるのと、ボディに掛かるのとでは、これほど魚のパワーが違うのだと思った。

その後一回だけバラして撤収。

流れの釣りも面白いので、またこのポイントに来よう。
完全に日が昇ると、かなり気持ちの良い青空が広がっていた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中