微風

2009.10.22

 

実は先日に、通いつめているポイントに行ったのだが、2バラシという惨敗に終わってしまった。
魚が何処にいるのかが見えなかったと言うか、見ようとしていなかったのだ。

人間は馬鹿だから(自分の事ね)、どうしても前回に良い思いをした所に行ってしまうものだ。
しかし、それは人間中心の考えであって、単純にターゲットであるスズキはどう行動しているかを完全に無視していたのだった。
仕方ないと言えば仕方ないが、そう言ったある種の思い込みとか固執した考えが、魚が出せなかった原因の一つでもあったのではないかと後で思った。

その日は下げから南風が強く吹くようになり、結構荒れ気味の状態だった。
潮は下げ潮で流れているのに、表層だけ風に押されて潮と逆に流れている状況だった。
そもそも、ベイトフィッシュとなる小さな小魚がそこに留まっていられる状態ではないかもしれない。
風表で護岸された場所ならベイトが逃げ場を失って、スズキが喰いに来る可能性もあるが、ここはもっと安全なシャローがしっかりとある場所だった。
僕はここの場所はあまりにもノッペリした場所だったので、いつも素通りしてその先のポイントへ急いでいたのだった。

その日の夜に、すれ違いで釣行していたAr氏から、南風に翻弄されながらも70アップが出たとメールが入った。
潮が干しあがっているし、風強いからどうかなあと連絡していたが、干潮から僅かな時間で仕留めたとの事だった。
ネットで風状況を見ると、南風8メーターとあったので、かなりの強風であったろう。

後で聞いたら、やはり物凄い風で、必然的にあのノッペリとしたシャロー地帯でしか釣りが出来ない状況だったのだ。
しかもヒットルアーが、ズイールのバス用のトップウォータープラグと言うではないか。
見せてもらったが、絶対にシーバスではこんなルアーはちょっとなあと思ったが(三平ルアーかと思った)、ソイツをシャローで激しく動かしていたらヒットしたとの事だった(しかも70アップ2本も)。
こっちは一日中やってゼロなのに…。

実はこのシャロー地帯にベイトが漂っているのは、釣りを始める前に確認していた。
ベイトは、荒波を避けるためにシャローに留まる。
スズキはベイトである小魚を食べる為に、危険を冒してまでシャローに入ってくる。
逆に、僕は前に釣れたからと言って、わざわざスズキの居ない(であろう)、荒れた川筋にルアーを投げていた。
どうして、そこに気付いて移動しなかったのだろうと、後になって後悔してしまったが、その時は何だか訳が分からなかったのだった。

結局、風によって状況が変わり、風によっては今まで何てこと無い場所が、大場所になる可能性もあるのだ。

と、いう事を含め、Ar氏と釣り。
上げ潮の朝方を狙いに行く。

しかし、その夜は風は無風に近く、理想的な釣りが出来ないのではと危惧していた。
案の定、まだ潮が上がっていない現場は静寂としていた。

周りを色々打ってみたが反応が得られない。
ウェーダーを履いてきているので、結局川筋に入ってみる。
ウェーダーを通して感じられる水温の冷たさは、さすがに夏の感じとは違う。
だから、少し薄着をしてきてしまったから、少々寒かった。

所々、グニャっとしたヘドロ状の土の上を歩く。

そこから、ルアーを大遠投し、ミオ筋に届かせる。
それでやっと通せるくらいなので、しばらくキャストを繰り返す。

しばらく打っていたが、反応が得られないので移動かなあと思った矢先、手前2メーターで水面がバシュっと破裂した。
慎重にやりとりし、ランディング。


グースで60センチ

ルアーを思いっきり丸のみしていた。
それにしてもこのグースというルアーは、僕がシーバスをやり始めた時から愛用している。
何でだろうな...シーバスにとってこのルアーは、波動が良いのか、レンジなのか、まあ良く釣れてしまう。
このポイントで釣れたのは初めてだから、少し嬉しかった。
普段はあまり狙おうとは思わなかったからね。

その後ずらしながらポイントを打っていくけど、反応が出なかった。
一度、仮眠して、朝マズ目の下げの本流を狙う。

うまい具合に北風が吹き出した。
日は完全に上がっているが、流れはしっかり効いていた。
ミノーのジャークやツイッチで攻める。
リーリングはかなり早め。

ジリ...。
リールが存在感を気付かせるように、ドラグが音を立てた。
一瞬、魚が乗ったが、フックアップまではいかない。
さらに何度もキャスト&リーリングを繰り返す。

そしてヒット!これは良い引きだ!


X-RAPで65センチ

ジアイが来たよと、Ar氏に伝えようとしたら、爆睡状態。
仕方なく、続行しているとまたまたヒット!
これも良い引きで、何とか足もとまで寄せてきたが、陸に上げた瞬間フックが外れて逃げていった。
黒くてファットなしーバスだったのに。

1ファイトして僕も眠くなったので、また仮眠。
目が覚めると昼になっていた。

殆どボッタクリに近い駐車場代の事を考え、夕方から千葉のポイントに移動することにした。

最初のお決まりパターンで、まずは川筋にCD7を通す。
すると、ボラがウヨウヨ湧いてきた。
ん!?良く見るとシーバスか?と思った瞬間、脇からシーバスがルアーにアタックしてきた。
これはバレてしまったが、この場所でヒットはありえなかったので少し驚いた。
さらにCDを投げまくると、これはもうシーバスライブの世界になってしまった。
シーバスが群で追いかけてくるのだ(CD7は本当に良く釣れる)。

サイトフィッシングなので、これはかなりエキサイティングだ。
少し楽しませてもらったが、やはりスレるのも早かった。
でも、この川にこれだけシーバスが入っているのは、ちょっと驚きだった。

この場所でこのような状態だから、これはメインの大場所は期待できるでしょう!
と、まだ一本も上げていない連れに期待させたが、これがもう冬を思わせる寂寞とした海だった。

バラしながら何とか一匹は獲ったが、小さいサイズ。
秋の爆発力は全く感じられなかった。

根がかり覚悟でバイブレーションでボトムを探る。
冬の様な感じだから、冬にやるパターンで攻めてみた。
すると、ラインを出していくかなり大きそうな魚が掛かったが(首を振っていたからエイでは無いと思うが)、これはフックアウト。


ベイトフィッシュ?

結局先ほどの川筋に戻ってみるが、いったいあのシーバス達は何処へ行ってしまったのだろうかと思うくらい反応なし。

釣りは難しい。
そう簡単には釣れない。
特に大型は数も少なく、そいつを広大な海から探し出し、針にかけ、そして釣り上げなくてはならない。
それはとても難しい。
本当に。

しかし、それは決して可能性がゼロでは無い。

だから、こうしてキャストを繰り返し、ポイントを彷徨っているのだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中