意外な場所

2010.4.2

 

さて、いよいよ4月。
桜もちらほら咲き始め、やっぱり春は良いなあと思わせる時期だ。

春は色々な生き物が蠢きだす。
バチ抜けも、期待ができる今日この頃だ。

先日、ホームポイントへ行ってきたのだが、見事にスカってしまった。
しかし、帰り際にどうってことのない川筋で、明確なバイトがあったのだ。
ヒットには至らなかったが、春の時期は、どうってことのない普段は考えられないような場所でスズキが捕食をしている時がある。

だからこの日は、敢えて大場所ポイントを外し、バチが溜まりそうなワンド状になったポイントをチェックしてみた。
まず思いつくのが、江東区の某公園ポイント。
まあ、以前から知っていたポイントだが、普段は素通りする場所だ。

この日は、電車が止まってしまうほど南風が強く、そして午後からは北風に変わった。
けど、満潮付近なので、水の量はたっぷりとある。
ちょっとウネリがある中で上からレンジを刻んでいく。

そして、6投目くらいでビクっとバイトが出た。
少し、粘るがヒットには繋がらない。
レンジを下げてみても反応なし。

それで、立ち位置を変え、ルアーのトレースコースを逆にしてみる。
これでも、反応がない。
場所替えしようと、諦めてルアーを回収しようとしたとき、手前3メーターでバシュっと水柱が立った!
ジーっとドラグが音を立てるが、それほど大きくは無さそうだ。

足場があるので、ランディングは丁重に行い、無事抜きあげた。


ニョロニョロ(中くらいの大きさ)で68センチ

やせ気味だが、口の中はバチだらけだった。
水面上のバチは確認出来なかったが、やはりこの時期は表層を意識しているのかもしれない。

いやあ、でも開始早々気持ちがいい。
大体、何時もいつも苦労して最後にやっと釣れるパータンだからね。

しかし、この後がまるっきりだめ。
バイトは頻繁に出ているんだけど、これがなかなかフックアップしてくれないのだ。
フックアップしても、途中でバラシテしまう。
その後、Bootsにかなり良い引きをした奴も、途中でバレテしまう有様。
それと、CDリップレスにも結構反応が良かった。
まあ、いずれにしてもバラシてばかりなので、バチ抜けはその辺が難しいのかなあと。

それと、この狭い範囲に、これほど(どれほどか分からないが)魚がいるというのは、やはりバチのせいだからか。
バチが抜けているのか、抜けたバチが溜まっているのかもしれない。

釣りは難しいけど、こんな魚が身近で釣れるなんて、やはり嬉しい事だよね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中