バチの恩恵

2010.5.11

 

しっかし、何ともすっきりしない天気だな。
雨が降っているのか、それとも曇っているのか分からない空の下、ポイントに出撃。

浦安か江東区で迷ったが、無難な江東区エリアを選んだ。
前回は、現場に到着したと同時にリールを家に忘れたことに気付き、そのままトンボガエリを余儀なくされた(しかもこの日は坊主)。

そのリベンジではないが、下げ後の港湾部。
まず、風が北東から吹いているので、風裏となっているから穏やかな感じ。
潮の色は、冬のそれとは違い笹濁りで、多少のウネリも有いかにも釣れそうな感じだ。
しかも、何かの稚魚だろうか、至る所でピチャピチャと跳ねてるが、何かに追われて跳ねているのでは無さそうだ。

開始早々、2人のアングラーが来て「どうですか?」と声を掛けてきた。
多分、反応が有るとしたらもっと暗くなってからだと思ったので、少しやってポイントを譲った。

そして、風表になっている川筋をチェック。
雰囲気としては悪くない。
ルアーをとっかえひっかえして、隈なくチェックする。

雨も降ったり止んだりジトジトするし、中々出ないバイトに辟易してしまう。
で、結局小一時間位風表で粘っていたが、諦めて最初の風裏ポイントに戻ることにする。

風裏ポイントは、潮があまり動かないせいか夜光虫が発生していた。
そして、何か小魚みないた物がヒュンヒュンと泳いでいるのがわかる。
しかしこれは、小魚と思っていると(実際小魚も泳いでいると思うが)実はそうでは無い。
トリッキーバチが至る所で蠢いているのである。

夜光虫が発生していると、少しの抵抗で海水が青白く光りを放つので、バチが泳いでいるのが手に取るように分かるのだ。
クルクルと回っているヤツや、ただツツツーと一直線に泳ぐヤツなど、意外と泳ぐのが上手い。
だが、その水面にライトを当ててしまうと、夜光虫の光が負けてしまうので、ただの水面に見えるのだ。

その一部始終を見ていると、足下でボシャっと70は有ろうかというスズキの魚体が、青白い光と共に現れた。
おおー!バチを喰いに来たのか!
よく見ると、時たま反転する魚らしき光が確認できる。
シーバスにとってはまさに食べ放題で、彼らは無我夢中なのだろう。

おもむろに僕はルアーをキャストする。
ルアーはもちろんニョロニョロだ。

ゆっくりと静かに水面を滑らすように引いてくる。
ルアーも、もちろん夜光虫で光っている。

先ほどの魚が掛ってくれればいいけど、まあそんなに簡単には喰いつかないなと思いながら何度かキャストする。
そしてルアーが3メーター位まで来た時、後ろから魚の光が追ってきたのが見えた。

それはまるで、宇宙ステーションがドッキングするかの様に、スーっと魚がルアーを喰いついたのだ。
同時にロッドが重くなる。

喰った!

近くまで寄せてランディング体制に入ったが、魚の引きは中々強かった。
ドラグを少し弱くして、ラインのテンションを弱めてやる。
ん?結構これはでかいかも知れない。

もう一度ランディング体制に入るが、魚は網を避けるようにラインを出していく。
そして、沖に物凄い勢いで走る。
これは絶対にバラしてはならないと慎重に思えば思うほど、僕の足は震えた。
久々の震えだった。

沖に走った魚は力尽きたか、大人しく網に入ってくれた。


一緒にバチもフッキングしていた

これは80行ったか!?
と思ったが、測ってみると77センチ。
フックは伸びていて、危うくバラすところだった(エラ洗いされなくて良かった)。

まあ、この時期にしては立派なスズキだった。
離してやると、沖の方に一目散に泳いで行った(光っているから分かっちゃうんだよね)。

更に一尾釣りあげて、反応が無くなった。

バチが発生していても、そのどこにシーバスが着いているのか把握するのは難しい。

今回は、シーバスが喰うところが見るところができたので、そりゃ満足だよ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中