翡翠の如く

2010.8.1

 

檜原に渓流釣りに行ってきた。

早朝にやっていた釣具屋で遊漁券を買い、ついでに店のオヤジさんに最近の釣果の事を聞く。
最近は、あまり雨が降ってなく、水が少ないと言うこと。
水が少ないと、魚も浮いてこないので、アングラー達は一雨降るのを待っている状況だった。

まあしかし、折角だから小さくても良いので一尾は釣りたい。
ウェーダーを履き川に入る。

透き通った川面には少し靄が掛っており、朝の静けさを川の音が裂いていた。
思っていたよりも、水温が高め。

エントリー直後、すかさずDS氏に反応があった。
この川に居るのはほとんどがヤマメだそうだが、バイトしてきたのもそれだろう。

僕のロッドは管理釣り場用のロッドで、これは非常に柔らかいのだけど、ロッドのアキュラシーが無いのが困る。
それに、ラインは4ポンド髪の毛みたいに細く、日頃シーバスなんかやっていると、微細な作業は手こずってしまう。

岩の向こう側の落ち込みや、木がオーバーハングした箇所にルアーをキャストしなくてはならないので、キャストアビリティーが必要だ。
故に、渓流に不慣れな僕は、最後まで苦戦させられた。
(渓流のルアーフィッシングも奥深く、僕がやっていたことは本当に初歩的なものなんだろう)


ヤマメは草の陰に潜んでいる

が、しかし、魚が居ないわけではもちろんない。
ルアーをチェイスしてきたり、足元を高速で通り過ぎていく魚影が見える。
大きくて20センチくらいの魚も居た。
それらはもちろんヤマメで、これに中々喰わすことができないことが歯がゆい。

キャストは、殆どがアップクロス。
上流に投げて、その流れに負けない速さでラインを巻き取る。
あまりルアーが遅いと魚に見切られてしまうからだ。

だから、余ほど魚は目が良いのだなと思ってしまう。

DS氏は、幾度か魚を掛けていくが、ランディングまで行かない。
小刻みにトゥイッチが出来るよう、ロッドは結構堅めなので、中々フィッシュオンしないのだろうか。

日が昇るにつれ、周りの緑が輝いてきた。
蝉の声や、鳥の鳴き声が辺り一面にこだまする。
時たま、この風景とは場違いな色をした、コバルトブルーの翡翠を見ることができる。
金属的な鳴き声と共に、水面を勢いよく滑空していく。

僕の方は、なかなかバイトも無い為、しびれを切らしここは思い切って先行させてもらう。
とにかく一尾は釣りたい!

先に進むにつれ、蜘蛛の巣が行く手を阻む。
これは、ラインに絡まったり非常にやり辛いが、その分人が入って無いということ。

後半は釣りを楽しむと言うよりも、殆ど意地みたいなものでキャストし遡上を繰り返す。
そしてチャラ瀬でやっとヒット。
ヒットと言うか、何というか、ゴミでも引っかかったかな?と思ったが、これがヤマメだった。


ダイワドクターミノー5Fで

かなり小さいが嬉しかった。
ヤマメと言う魚は本当に美しい魚だ。
出会えてよかった。

釣りを午前で切り上げ、スタート地点まで戻る。
ウェーダーを履いているから、もう暑いのなんの。

これぞ日本の夏と言うのを、文字通り肌で感じで一般道を歩く。
でも、日本の夏ってやはり良いものだ。
一応東京なんだけど、この一帯は村なので、ノンビリとした雰囲気が漂っていた。

道路の上から川を見ると、翡翠が水面を飛んでいるのが分かる。
華麗に魚を獲る光景は、何と神業的なのだろう。

湧水が出ていたのでゴクゴク飲んでいたら、自地元の人らしき人が通りかかり、「あまりその水は綺麗な水じゃないよ」だって。

一瞬、開いた口が塞がらなくなり唖然としてしまった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中