青潮と南風

2010.10.15

 

少し前に、仲間と釣りに行ったのだが、まるっきり釣れなかった。

沢山の水鳥たちが、水面にダイブしているものだから、釣りどころではなかった。
何やら引っ切り無しに小魚を器用に獲っていた。
目が良いというか、よくもまあ泳いでいる魚を見つけられるものだなと思って、フト足元をみると数匹の小魚がユラユラと浮遊していた。
オモムロに網ですくってみると、何とシロギスだった。

キスと言うと、どうも砂地でじっとしているというイメージがあるが、どうして水面に浮いているのだろうか?
人間にも簡単に網ですくわれてしまうと言うことは、コレは何か有りそうだ。
もっと沢山獲って天ぷらにでもしたいが、ちょっと天ぷらにするには小さすぎる。

このキス水面プカプカ現象は、どうも青潮の影響らしい。
プランクトンの死骸が海底に沈殿し、深い場所に酸素が無くなって、仕方なく酸素を求め水面に浮上してきたのだ。
上空では海鳥、海の底では無酸素状態で、これじゃあキスに取ったら地獄だろう。
それでこの場所は諦め、ポイントを川筋に替えたのだけど、結局魚からの反応は得られな方のであった。

だから、北風ばかりが吹いていた東京湾だから、南風が吹いて海をかき回してくれないかと思うのである。
そして、やっと若干ではあるが南の風が吹き込んだ日に釣行に出た。

まず、川筋で4投目のスーサンにヒット。

これは小さい。
ポイントをボラがウジャウジャいる本流に替える。

グース90Fにヒット。
グースの125Fは大好きなルアーだえど、この9センチで釣ったのは初めてだった。

流れが利いているエリアにポイントをずらすと、案の定反応有り。
豪快にやり取りした為、怒涛のエラ洗いでフックアウトしてしまうが、次のキャストでも即ヒット。

Bootsでこれは50位。
どちらかと言うと、小さいルアーに好反応だ。

また本流にBootsを流すと、カーブしたところでヒット。
手前にストラクチャーがあるので、一気にリールを巻きラインを回収。
足元まで寄せ、ランディング体制に入るが、流れの重さでなかなかネットインできない。
無理やり手繰り寄せると、何事も無かったかのようにフックアウト。
身切れした様で、見た感じ60有る無しサイズだろう。

その後50クラスを掛け、セイゴの猛攻撃に遭い、きりが無いので撤収。

なかなか潮が引かない日であった。

早くでかいスズキにお目に掛りたいのう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中