チョーさんて誰?

2010.11.15

 

釣りは楽しい。
これは、もう底なし沼の様に楽しい。

楽しい中に、苦しいと言うものが含まれていようとも、やはり楽しい。

干潮周り、荒川を偵察。
潮回りは悪く、更には寒いうえに雨も降っているが、今年の釣りもあと僅かなので少し出てみた。

先ず、北風に押されているワンドを叩く。
ここは、ベイトがかなり溜まりやすく、しかも丁度水鳥がしきりに潜っていたため脈が有りそうだった。
案の定、Bootsを投げたらバイトが有る。

最近の傾向として、Boots→SU-SANのパターンが多い。
どちらも、バイトが良く出る。

2投目のSU-SANにヒット。
60前後クラスだが、即反応は有難い。

しかし、ランディングしようとしライトを点けた時、手前3メーター位に杭の様な木が有るのに気付いた。
無理やりテンションを掛けたら、無情にもラインが切れてしまった。
もう一度、そこにある邪魔な木切れを凝視すると、ルアーらしきものが引っかかっていた。
網を伸ばし、それを取ってみると、やはりSU-SANだった。

ん!?いや、違う。
ルアーの背中をみると、CYO-SANと書いてあった。
誰かが引っかけたものだろう。

と言うことは、やはりラインブレイクしてしまったのだ。
どうか、外れてくれることを祈る。

それにしても、最近ルアーを拾う。
しかもどれも真新しいものなので、それだけ秋は釣りをしている人が多いのだろう。

ラインシステムを組み直し&チェックし、少しポイントを南下する。
雨もパラついて本当に嫌な天気だ。

北風が強く、上げなのか下げなのか分からないが、とりあえず50クラスを2本獲って終了。

確かに寒かったが、まだまだ冬のそれとは違う。
その厳冬期が来る前に、少しでも釣りを楽しみたい。

帰り際、お巡りさんにちょっと怪しまれてしまった。

確かに、こんな寒く悪天候な日に、暗闇を徘徊しているのも怪しいもんな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中