バチ系ミノー

2011.3.7

午前中に雪が降ったが、それが小雨に変わった。
そんな中、ちょっくら近場の荒川に出てみた。

先ずは、小場所をチェック。
いかにもバチが抜けてそうだけど、反応はない。

そして、流れがシャローと絡むポイント。
水面は穏やかだか、何やら至る所で波紋が出ている。

ん!?
これはもしかしたらシーバスがライズしているのか?
水鳥達もウロウロしている。

取り合えずバチ系ミノーとしてワンダーを投入するも反応なし。
レイジーが後に続くが、これも数投するも喰う気配なし。

至る所で、ボシャっといったりこれは間違いなくシーバスの捕食音だ。
ようし、ではCDリップレスはどうだと、これを投入後にやっとヒットするも途中でフックアウト。
シーバスはわりとフワっとした感じでバチを食べているのか、どうもフックが浅く掛ってしまうらしく、バラシ率が高い。

それで結局、こう言ったバチ抜けの時には、ニョロニョロを使ってしまう。
案の定、すぐにバイトがでるも、またまたバレる。

なんとか乗せて、やっと一本。


50センチクラスだけど

その後、ブレイクラインの所で一本掛ける。
これが中々良い引きを見せポンピングで寄せるも、残念ながらこれもフックアウト。
やはり、こう言った場合はシングルフックの方が良いのだろうか?

小さいのを釣ると、口の中はやはりバチだらけだった。


バチだらけ

反応も悪くなったしちょっとスローな釣りに飽きて小移動。
しかし、小移動先でも反応は無い。

小雨がチラついているが、寒さ的には真冬のそれでは無い。
もう一度シャローエリアで、スローな釣りにもどる。
ライズは出ているが、中々ルアーには喰いつかない。

”押してもだめなら引いてみな”ではないが、リトリーブを速く巻いてみた所、沖合でヒット!


初期のエリア10(このルアーで初めてシーバス釣れた)で50クラス

サクっと出撃して、サクっと帰ってくるはずだったが、まあ自然相手だからやはり簡単ではない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中