気配3

2011.5.23

 

最近、スズキ釣って無いな...。

段々と暖かくなるにつれ、湾奥も赤潮の心配も出てくるこの時期、中々釣果の方も著しくない。
この釣りを始めて何だかんだ結構な年月になったが、この時期って何時もこんなんだったかな?

少々北風が強く、昨日までの暑い日差しとは打って変わっての雨日和。
河川での上げ潮狙いで行く。

仲間と逸れたのか、何らかの原因で渡が出来なくなったのか、海鳥が一羽だけポツンと水面に浮いていた。
ただ、それが寂しい光景で無かったのは、その鳥が何となく自由奔放に見えたからだ。
シーバスに関しても、沢山の群れで行動するものも居れば、単独行動するのも居るだろう。
いずれにしても、彼らは空や海を自由に移動しているのである。
その移動している物を探しだすと言うのは、やってみると分かるけどやはり簡単ではない。

雨も降ったり止んだりだが、嫌な雨では無い。
こう言う時に便利な100円ショップで買った、殆ど使い捨ての合羽を履く。
本当はしっかりしたものを買いたいのだが、中々適当でこれだと言うものが無いので。

開始早々、小魚がルアーのフックに引っかかってきたが、これをベイトにしてるはずはないと思い少々移動。
移動直後、セイゴの反応。

多分、もっと小さなルアー(例えばにNyoro2の小さい奴とか)でやると、ガシガシとアタックしてきそうだが、もちろんセイゴは対象外。

それで、沖の流れの中にルアーを入れてやるとガツっとヒットした。

しかし、これもセイゴだったので、まあ小さくても一応はシーバスなんだなと感心する。

ルアーを替えてみてもセイゴしか出なく、北風も強くまたもや小移動。
風裏にポイントを移す。
水面は鏡の様で、幾分生命感が無いような気がするが、際沿いをスーサンで引いているとドン!と出た。

ドン!て言う感じじゃないけど、セイゴの後だから何だか凄い引きと錯覚してしまった(いや中々良い引きだった)。

50センチクラスだけど、まあこの時期はこんなものでしょう。
と言うか、いつも大体こんなパターンだな。

最近、スズキ釣って無いな...。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中