トップは奥が深い

2011.6.16

 

千葉にバス釣り。

梅雨時なので天気も微妙だ。
早朝からポイントにフローターで入ると、水の冷たさがウェーダーを通して分かる。
それに、雨の影響だろうか、前回よりも濁りが出ている。
朝方は、小雨が降ったりやんだりする天候だ。

今回は、ちょっとトップウォーターを意識してやってみようと思う。
作ってもらったトップウォータープラグをセットし、岸際を狙っていく。

Ar氏も前にアドバスしてくれたが、テレビの釣り番組でこの方法をやっていたので、大体のイメージは出来ていた。
彼は前回結構な数のトップでバイトを出していたので、じゃあ自分もと。

トップでの狙い方は...

①着水したらまず少しルアーをその場でステイさせる。
(着水したときの水の波紋がフワっと広がって、ここに餌がありますよとバスに意識させる為だ)

②クイクイっとロッドを煽り、ルアーをモジモジさせる(魚にアピールしてやる)。

③リトリーブする(静かに、或いはアピールしながら)

と、まあ、自分的にはこんなイメージだ。

シーバスの場合だと、この”ステイさせる”事は殆どやらない為、バス釣りでは特に今まではやってこなかった。
大体においてただ巻きとかツイッチとか、シーバス釣りと同じことをやっていた(マキモノ系というやつ?)。

そして開始早々、朝のボイルが出ている個所で、③に入ったところで喰ってきた。

小さいけど、これは嬉しい。
それから、着水ステイ→モジモジ→リトリーブの虜になった。
しかし、その後かなりタイトに攻めたが、バイトも出ない。

ウシガエルと共に、変な鳴き声が聞こえると思ったら、Ar氏はフローターに揺られ頭を後ろにして鼾を掻いて居眠りをしていた。
その横で、僕はトップからクランクベイトに替えてやると、小物がヒット。
その後は続かず、僕の方も睡魔に襲われる。

寒くなってきたので、午前の部は終了。

少し街を散策した後、また寂れた中華食堂で温かいタンメンを食べて仮眠する。

午後の部は雨も上がり、気合いを入れて大物狙い。
このポイントは、とにかく根がキツイと言うか、杭や竹がストラクチャーとなっている。
そう言う箇所をタイトに狙うのである。

例えばAr氏の攻め方は、そのストラクチャーの間をトレースすることができる範囲で、かなり執拗に攻めるとの事。
そうやっているうちに、ルアーを落とせない個所にステイしているバスを焦らしてやる。

まあ、確かに一番奥にルアーを落としてやれば良いのだけど、これだと根掛かりのオンパレードなのである。
いかにタイトに、そして執拗に攻めるかが、そこからバスを引きずり出す事に繋がるのだ。
と、言葉にすると難しくは無いが、上手くいくときもあれば、やはりストラクチャーに引っかかる時もある。
フローターだと、引っかけたルアーを回収しに行くことが出来るが、ポイントを潰してしまうしタイムロスにも繋がる。

ワームなどで攻めるというやり方もあるが、それでは面白くない。
一度だけ、着水と同時にボシャっと水面破裂があったので、やはりこう言った派手な水面爆破はトップでしか味わえないだろう。

でも、それでもバイトが出ないと、やはり違う選択肢を選ばなくてはならない。
40有るなしバスが、漸くスピナーベイトにヒットしたが、これはバラしてしまった。
バスではあまりバラしたことが無いので(シーバスはバラしだらけ)、ああバスでもバレるんだなと思った。

その後ネタが尽き、暗くなってきたので納竿。

バスの姿はあまり見られなかったが、水面を泳ぐ蛇には結構遭遇した。
一度、正面なら蛇に睨まれたが、あれは怖かった。
もしアレに絡まれでもしたらと思うと、ゾッとしてしまう。
けれど蛇の方も可哀そうで、対岸から対岸に大移動しようとしたところを変な物(僕のこと)に遭遇してしまったから、また戻るのも面倒だしどうしようかなと逡巡していたのかもしれない。
申し訳ないことをしてしまった。

まあ、今回はあまりやらなかったトップウォーターの釣りが出来て良しとする。
一つバス釣りの引き出しも出来たのだが、いやあ、これはこれで奥が深いみたいだ。

一日中フローターだと結構疲れるねえ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中