Non Twitchin’Rap

2011.7.5

 

最近のシーバスフィッシングに関しては、釣れていることは釣れている。
いや、正直釣れてない。
要は、ヒットはするものの100パーセントフックアウトしてしまう。

問題はフック?ドラグ調整?
どうも僕が狙っている魚は、まだ本格的なベイトパターンでは無い魚かもしれない。
トリッキーバチとかそんなものを食べている個体故に、おちょぼ口になって食いが浅くなっているのではと、まあ言い訳だけど。

それで連続してバラしていると、さすがにこれはなんとかせねばと思う。
大体こう言った悶々とした事が、今の時期の僕のパターンでもあるのだが。

とりあえず、リールのドラグを何時もよりかなり緩めに設定。
フックも見直す。

南風が吹いているので港湾部に出撃。
風は収まりつつあるが、多少のウネリが出ている。

この時期は水面がピカピカ光る夜光虫も気になる。
でも魚は”そこ”に居るのは分かっているので、夜光虫が光らない様にルアーはかなりスローに引いてやる。
あまりブルブルするルアーだと光りまくりなので、ローリング主体のルアーで表層をトレース。

ヨレヨレで際沿いを有る程度打って行くと、案の定ヒット。
慎重にやり取りするもまたバラし。
うーむ、やっぱりスランプだ!

でも今日はとっておきアイテムがある。
ツイッチンラップだ。
ツイッチンと言ってもツイッチングしたら夜光虫が光りまくりなので、ノンツイッチングのただ巻き。
水面をラインが付かない様にスローにトレースしてやる。
すると、ドン!(ドンと言うのは言葉のあや)


50センチくらい

実はこのルアーで初めて釣れた。
これは夜光虫ピカピカ対策にはもってこいのルアーかもしれない。

あまり夜光虫が光らない場所で、ストラクチャーの上を通すとこれまたドン!とヒット。

ジーとドラグが唸る!
おお!これはデカいかと思ったが、良く良く考えれば、ドラグはかなり緩めの設定だった事に気付いた。
で、ストラクチャーにラインを切られない様にロッドを立てた所でフックアウト。

あ゛ー

これは、意外と大きかったのかもしれない(逃がした魚は常に大きい)。
そんで、小さいのもバラして、風が無くなり本日のジアイは終わってしまった。

結局、まだバラし記録は続くのか?

蚊の攻撃も続くのである。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中