岩魚が釣りたい

2011.8.7

 

秋川渓谷にトラウト釣り。
早朝、駅前の釣具屋で遊魚券を購入してから、ポイントに向かう。
今回は、去年入渓した北秋川よりもさらに上流に行く。

釣りたいのは岩魚であったが、岩魚はかなり上流に行かなくては釣れないし、そもそも秋川はヤマメの放流しかしてないと言うことだ。
もちろんヤマメでも釣れれば楽しいし文句は無いのだが、そう言った意味で少しでも上流を目指したのだ。

所々、山間から霧が発生していて、同じと東京と言えども、空気は美味い。
タックルセット時に、同行者DS氏のタックルにトラブル発生。
アブのメインロッドの先端が折れていたり、リールの防水キャップが紛失していたりで、開始早々出鼻を挫かれる。
まあ、釣りを続けていれば、こんな事も多少はあるもんだ。

道路から見える谷は深く、山を下りる感じで川にエントリーする。

ウェーダーを履いて立ちこむと、水の冷たさがウェーダーを通して心地いい。
川の流れるせせらぎと、更にセミや鳥の鳴き声が、釣りをするモチベーションをさらに上げる。

あまり、渓流釣りはやらない為、専用のロッドを持っていない僕は、6フィートのバスロッドで釣りをする。
前回は、エリア用のロッドを振ったが、柔らかすぎて狙いを定めるのが難しかったからだ。

ラインの方もナイロン4ポンドと、髪の毛みたいな細さなので、普段シーバスなんかをやっているからとても繊細に感じる。
ルアーの方も、小さくて軽いミノーやスプーンを使うので、いざキャストするとアキュラシーがぶれてやはり難しい。

オーバーハングする木立や、蜘蛛の巣があるので、少しでも狙いが定まらないと、すぐに引っかけてしまう。
引っかけてしまうと、ルアーを回収しなくてはならないので、ポイントが荒れてしまうわけだ。
重いルアーを飛ばすのならともかく、軽いものを飛ばすのは意外と難しかった。
釣れそうなポイントがあると、思わず力が入ってしまい、キャストが狂ってしまうことが多々あった。
慣れていないせいもあるが、なかなかピンポイントにルアーを落とすのは大変だった。

それと、蜘蛛の巣がかなり厄介。
キャストの邪魔になったり、蜘蛛の糸がラインに絡むとライン上で玉になって取るのが大変なのだ。
自分の体にも蜘蛛の巣が絡んだりするのだが、まあ蜘蛛にとっても折角作った巣を壊されるものだから、可哀そうと言えば可哀そうなんだけど。

DS氏が先行して川を遡上しながら打って行く。
彼は信州でトラウトをやり込んでいるので、さすがにキャストはビシっと決まって上手い。
それでも木に引っかけたりするのだから、要はこの釣りは非常に難しいと言うことだ。

彼には何度かバイトは有るものの、僕にはまるっきり無い。
魚の気配すら感じることが出来ない。
たしか、前回の秋川では泳いでいるヤマメを確認できたが、今回はそれが無いのだ。
陽が昇っても中々バイトも出ないので、どうしたものか?と疑念を抱く。

早いペースで遡上していくと、前方に人影を発見。
良く見るとフライアングラーだった。
渓流釣りのルールとして、前方の人を追い越してはいけない事になっている。
このアングラーが居たから釣れないと言うわけでは無かったが、ここは撤退をするしかなかった。

まだ昼前だったが、ここで昼食にするかポイントを替え釣りをするか思案する。
早めの昼食と言うことで蕎麦屋にでも入ろうかと思ったが、残念ながらお目当ての店は辞めてしまったらしい。
あまり腹も減って無いということで、結局南秋川にポイントを移した。

ここも結構深い谷になっていたので、入渓する時は結構大変だった。
先ほどの北秋川は少し濁っていたが、このポイントは透き通っていた。
開始早々、DS氏のミノーに魚が足元までチェイスするのが見えた。

おお!これは期待できるじゃん!
やはり、魚影が見えると、ロッドを振る手にも力が入る。

そして、僕のルアーにもやっと魚がヒット!
と言うか、抜きあげ時に魚が食いついていたのだけど、即バラしてしまう。
よーし。絶対釣ってやる!

殺気全開でロッドを振りまくる。
何度か魚のチェイスも見える。
そんな中でチャラ瀬でまたヒットするもバラし。
やっぱり、バスロッドじゃ堅過ぎて、小さい魚は弾いてしまうのだろうか?

次第に雲行きが怪しくなり、図上ではゴロゴロゴロと不吉な音が響いている。
まるで工場か何かで機械を動かしているのかと思ったが、それは紛れも無く雷であった。
雨もぱらついてきた。


何としてでも1尾は釣りたい!

持ってきたルアーを総動員し...いや前回のヒットルアーを投げまくった。
釣りをしに来ているのだから、やはり魚の顔を拝みたいのだ。
昼飯も食ってないし、遊魚券1500円も払っているし、図上には雷が鳴っている。
谷底なので薄暗くなってきたし、ヒグラシまで鳴いてきているので、焦燥感はもちろん無いわけではない。

ここは、気持ちをリセットする為に、ルアーをチェンジする。
そして、いかにも魚が着いていそうな落ち込みに出くわした。

キャストしたミノーは、吸い込まれるように落ち込みに飛んでいく。

そしてツイッチを一発入れてリトリーブ。

リールを3回転した所で、ギュン!とロッドが重くなった!

来た!

魚は流れに乗り、抵抗を始める。

フックアウトしない様に、魚を陸に誘導する。

慎重に、慎重に...。

やったあ!


ドクターミノー5Sで岩魚24センチ

DS氏がすかさず確認し、岩魚だと分かった。
ヤマメと岩魚は一見似ているが、岩魚は腹が白いので一発で分かるのだ。

今回はもしかしたらボウズかなあと思ってたし、最後に念願の岩魚が釣れたので、これは非常に嬉しかった。
今までの釣行で5本指に入るくらい嬉しかった。

ヤマメは養殖を放流しているが、岩魚の方は多分天然ではなかろうか?
ドジョウみたいに自ら這って川に逃げて行った。

その後少々釣りを続けたが、本格的に雨が降って来る前に撤収を決断。
急いで堰堤まで遡上して、そこから崖を道路まで這い上がる。
まるで、山登りと釣りが一緒になったみたいだった。

東京に車で帰る途中(秋川渓谷も東京なんだけど)、豪雨と雷と渋滞攻撃を受けた。
これ程凄い雷は初めてではと言うくらい凄かった。

この状況で、川の中に立ちこんでいたら、大変な事になっていただろう。

自然の中で遊ぶと言うことはそう言うことである。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中