夏の終わりのシーバッシング

2011.8.29

 

8月最後のシーバスと言うことで、夕方位から満潮の旧江戸川を偵察。
8月の太陽を惜しみつつ、川面を見る。

数人のアングラーと混じりロッドを振ったが、アタリもない。
秋に備えて数か所ポイントを廻る。
広大なエリアから、ポイントを見つけていくのは中々難しい。

見切りをつけ、結局荒川に行く。

北東の風が幾分強く、下げの流れと連動していて良い感じだ。
濁りは獲れていて、水の色は透明。

最初は、アイマピースのアップクロスでバイトが出た。
何時ものストラクチャーパターンだ。
と、なると強いのがTKLM。

すかさず、それに替えたらヒット!と思ったらバラし。
まあ、小さいクラスだから別に気にしない。
間髪いれずキャストすると、次は中々のクラスがヒット!でもバレる。
うーむ、悔しいけどまた来るだろう。

ストラクチャーに付いた魚は、アップでもダウンでも喰ってくる。
多分ストラクチャーに隠れた小魚を虎視眈々と狙っているのだ。
案の定、ストラクチャーにライトを照らすと、小魚が平和そうに漂ってる。

そして、またヒット!いやあ、やっぱりシーバスは良い引きするなあ。
今度はグイーンとロッドをあおり、意識してアワセを叩きこむ...でも足元に寄せたところでバレる。

あれれ?いくらなんでもオカシイぞ。

これが6回ほど続いてさすがにルアーのフックを見ると、バーブレスフックの先の部分が曲がっていた。
これじゃあオートリリースしてしまうのも仕方なかった。
応急処置で、フックを真っ直ぐに伸ばし、やっとランディング出来た。


60有る無し


この魚はは自らジャンプして網に入って来た

折角、反応が良かったのに、獲れたのは僅かだった。
これから秋本番を迎える(潮回りも秋のそれとなって来た)。
ラインやフックは、こまめにチェックしておくべきだな。

穏やかになり、スーサンでフッコをキャッチして終了。

まだ、蝉がわんわん鳴いているが、気配はもう秋である。
秋が楽しみだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中