台風と台風の間

2011.9.20

 

台風の爪痕を残していた湾奥だが、漸く濁りも取れてきたのではと思い、深夜から調査がてら出てみた。

流れのある水路で、3投目にゴン!というバイトにびっくりアワセをしてしまい、フックアップまでには至らなかった。
それでも、魚は戻って来た(餌を追うようになった)と思い、幸先良いと思ったが、後はまるっきり反応が無い。
終いには、冷たい雨に打たれ(レインウェアも持ってきてなく、しかも半袖だった)、結果かなり酷な調査になってしまった。

そう言えば、いつの間にか季節は秋になっていた。
あの照りつけるような太陽の日差しは何処へ行ってしまったのか、気付けばもう9月も後半だ。
そろそろシーバスの方もシーズンインだろう。

そして、今日もまた出てみた。
雨対策として、レインウェアを羽織って来た。
アンダーウェアは使い捨ての100円ショップのカッパだが、これに足を通すといきなり破けてしまった。
片足がビロビロになってしまいまるでコント見たくなってきて、少しするともう片方もビローンと破けてきた。
いくら安くてもこれじゃ酷過ぎると、結局下半身はやめてしまった。

おかげで途中に降られた雨に下半身は冷たく濡れてしまった。
またもや近づいてくる台風のせいなのか北風が強く、容赦なく体温を奪っていく。
濡れてしまうとホント体温を奪われるので、やはりちゃんとしたものを持っておくべきだった...。

水温は、それと比べれば驚くほど温かい。
まだ水の中は夏のそれであるかのようだ。

陽が落ちてから反応が良くなり、セイゴに始まり50アップクラスが4,5本獲る。
ソルティーダーティスト、Boots、グース、TKLMと何を投げても反応が良い。
たかだがフッコクラスとは言え、やはりシーバスは良い引きだ。
本当に楽しい。

なかなかフッコクラスでもアグレッシブなのだが、あまり大きなものは出ない。
正直60アップが出て欲しい所だ。

風裏にポイントをずらし、ローリングベイトで小型を数匹。
同じように、アイマピースで際を狙う。
このピースと言うルアーだが、リップが付いているが基本的にはシンキングペンシルみたいだ。
まだ使いなれていない為、何処をどう泳いでいるのか分かり辛い(背中のカラーも黒だし)。
ちょっとレンジを下げてリトリーブしてやると、途中でロッドが重くなった。
アグレッシブと言うよりも重い引きであった。


アイマピースで63センチ


やはりスズキクラスは格好が良い!

その後、エックスラップでセイゴを掛け終了(結局なんのルアーでも釣れたんだね)。


飽きない程度にバイトもあったしバラしも少なかったし、今日はまあまあ釣れた方じゃない?

秋はこれから。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中