釣り三昧

2011.10.21、22

 

ただいま連休中。
シーバスの方は、荒川ウェーディングではいまいちパっとしなかったので、普通に陸っぱりで勝負。
この日は、潮も風も動かず、たまに小雨がぱらつくまったりした夜。
とろい流れの潮回りの中で速い流れを狙う。

足元の際では出ず、先ずは明暗部で小さいのが出た。

角っこにポイントを移しルアーを流す。
U字を描き、曲がりきったところでバイトが3回出たところで漸くヒット。
そこから立て続けにヒット。

サイズも少しずつアップ。

ベイトチェックで水面をライトで照らしてみると、イナッコの群れが帯をなしている。
いったい何処まで続いているのだろうかという長く続く群れだ。
まるで、高速道路の渋滞の様に始まりと終わりがどこなんだろうと思ってしまう。
シーバスは、この群れから逸れたイナッコを捕食しているのだろう。

そして沖の方に遠投してもヒットが得られた。


この日最大の60センチ

ベイトのイナッコを引っかけ様と群れの中にルアーをブチ込み、思いっきりジャークしていたらこれにもヒット。
シイラみたいな豪快な出方だった。

こう言った場合、やはり水面直下系ルアーが強い。

アタリは遠のかなかったので飽きもせずに釣りが出来たが、さすがに疲れてきたので撤収。
珍しくバラしも無くシーバスの引き味も堪能出来たが、やはりもう少しサイズが欲しいところ。

次の日は、DS氏と房総でアオリイカをやるつもりだったが生憎の悪天候。
房総は諦め、エギングでヒイカとかが釣れるらしとの情報で、横浜へ行ってみた。

この辺りまでくると東京湾とは言え、水の色は青く綺麗だ。

結構な釣り人達のなかにエギングをやっている人もいる。
堤防などを見ると、なるほどイカの墨もあり、やはりイカが釣れるらしい。
バイクで来たおじいちゃんもエギングをやられていた。

と言うことでエギを投げてみたがまるっきり反応は無い。
折角ここまで来たのだから色々やってみようと、スーパーライトタックルも試す。
要はアジとかメバル狙いのタックルなのだが、専用のロッドを持ってなくエリア用のロッドと4ポンドラインのタックルなのだ。
テトラを狙うとすぐさま小物が突っついてきた。

足元では小さなカサゴが2匹釣れた。

そして、あまり飛ばないジグヘッドをキャストすると(ジグが軽いからね)、メバルが数匹釣れた。
これはエリア用の柔らかいロッドでやっているから、プルプル感が伝わってきて楽しかった。
たまにシーバスでの外道にメバルが釣れるが、狙って釣ったのは初めてだった。
なかなか面白かったので、シーバスが釣れない冬とかにやってみようかな。

それからポイントを点々とし、最後はまったりした工場萌えポイントでホゲって終了(なんでホゲって言うんだろう?)。
結果的にはシーバスのアタリは無かったが、メバルが釣れたので良しとしよう。
門前仲町で付け麺を喰って遅い帰宅。

メバルを数匹お土産に持って帰ったので次の日に塩焼きにして食べた。

ちょっと小さかったので唐揚げにすれば良かったが、身が柔らかく美味しくいただけだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中