鏡状のシャロー

2011.11.6

 

この日は、潮回りもイマイチだし、風も無風。

おまけに雨が降りそうだし、靄が掛っていて湿気を含んだ重い空気が漂っている。

疲れた体に鞭をピシッと打って、上げ狙い湾奥シャローポイントに出撃。
とにかく、ルアーを投げなければ、魚は釣れないからね。

鏡状になった水面を見ると、何だかいかにも釣れなさそうな雰囲気。
ちょっとやったら帰ろうかな...。

まず、水路ポイントをBoots→スーサンの順で3投ずつチェック。
イナッコは居るようだが、シーバスからの信号は無反応。
すぐさまシャローエリアに移動。

シャローエリアはいかにも浅そうな感じだったが、F-VMを投げると意外に水深は有る。
ライトを足元辺りに照らしベイトをチェックするが、それらしきものは見当たらない。
念のために違うコースでルアーを遠投してみる。

ドン!

あれ?居たの?!

結構なトルクで、フックアウトしない様に慎重に、そして大胆にやり取りする。
岸際で抵抗したが、なんとか擦り揚げた。

ん?意外にでかいぞ。


F-VMで(ギリ)80センチ

なんと釣り開始10分くらいでランカーキャッチ。
この場所で魚が出たのは初めてだ。
やはり秋は何があるか分からないから、夜な夜な出たくなるんだよね。
まあ、この魚は狙って獲ったわけじゃ無く、たまたま釣れてしまった様なものだ。

それにしてもF-VM、中々良い仕事をしてくれる。
早くも一軍に持ってこようかな。

少し移動して、Bootsでバイトが多発するも中々乗らず、スーサンでちょっとレンジを下げたら一投目でヒット。
元気なスズキサイズだったが、足元でフックアウト(あー悔しいな!)。
スーサンのフックが伸ばされていた。

夜が濃くなっても気温は下がらず、逆に蚊も飛んでくるほど生温かい夜だ。
そしてその後、Boots、F-VMでショートバイトが出るが、乗せることが出来ずダラダラやって終了。

まあ、いくらか反応があると面白いので、あっと言う間に時間が過ぎていくのだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中