連続バラシ

2012.3.7

目黒川の桜はまだまだだけど、そろそろ湾奥シーバスは春のシーズンだ。
下げ4分位のタイミングで荒川ポイントへ釣行。

カーブしたシャロー地帯に潮が掛るだけに、アングラー、シーバス共々ここはお気に入りの場所でもある。
バチパターンの要領でスローリトリーブに徹する。

水面直下からレンジを刻んでいき、スーサンのレンジでやっと魚がヒットするも、途中で抜けてしまう。
次に掛け直すも、足元でランディングのタイミングを逃しフックアウト。
さらにバイトさせた魚も途中ですっぽ抜け!

へたくそ!
(まあフッコクラスだから良いけど...)

良い感じであったのにアタリが遠のいてしまった。
少し場を休ませる為、ポイントを移動するが、その場所でも反応は得られない。
これで終わってしまうのか?春のシーズンなのに。

最初のポイントへ戻ると、更に流れが効いていて、チョークで書いたように潮目がくっきり出ていた。
その潮目までルアーと届かせたいと思い、ルアーはF-VMをチョイス。
ルアーは潮目を軽々飛び越えて向こう側に落ちた。

仲間も昔からF-VMを一軍に入れており、春のバチ抜けシーズンにも使えるとの事だった。
形からしてバチパターンとは結びつかないがそんなことは無く、スローリトリーブが効くらしいとの事。
それを信じて2投目に潮目付近でゴクン!とまるで地下で大きなスイッチが入れられた様なバイトが出た。

ロッドをあおりアワセを叩きこむ。
重さからして中々大きそうだ。よーし、これは獲るぞ!

足元まで寄せたが、魚は左右へ抵抗を見せる。
しかし、ここで問題が起こった。
ヘッドランプを点灯させようと思ったが、それは首にぶら下げたままだったので思うように光が照らされなかったのだ。
うーむ、これでは見え辛い...強引にネットに入れようと網を差し伸べたところで目の前でフックアウト...。

やってしまったああああ!

魚を目の前にして逃げられてしまうのだからこれは悔しい。
この辺もシーバスの難しさでもあるし面白さでもあるのだが、それにして...。
やはりヘッドランプは確実に装着しとくべきだったと少し後悔(バッテリーも減っていたし)。

気を取り直し、先ほどヒットさせたポイントを叩く。
分かってはいるけれど、もう同じ魚は喰っては来るはずが無いので、釣りが少々ぞんざいになる。
しかし数投目位で、またもやヒット!先ほどと同じように中々悪くない引きだ。
今度こそとロッドをあおりアワセを入れ、しっかりとヘッドランプを点灯。

足元の攻防からして、先ほどの魚よりはサイズダウンと行ったところだ。


F-VMで65センチ

このルアーは、オールシーズン一軍入りかもしれない。
良く飛ぶし(追い風だったから尚更)、タイトローリングな泳ぎも、レンジも実に良い。
例えばバチ抜けのルアーだとフックが小さい物が多いので投げるのを躊躇してしまうが、このルアーはフックが大きいのでそう言った心配はない。

それにしてもシーバスは何を餌にしているのだろ?
バチの可能性大だが、はたまたハゼなどの小魚か甲殻類かもしれない。

そして、また一尾追加。

結構潮が引いてきて、ルアーが瀬に当たるようになってきた。
このままでは根掛かりもあるので、そろそろ潮時かと思ったが、一応Bootsで水面直下を探っていく。
ゆっくり波紋を出して泳がせるとヒットし、強引に寄せる。

浅すぎて大きな魚は入ってこれないのだろう。
ここはウェーディングしてブレイクのもっと奥まで届かせたい所であった。

明日は朝が早いので、後ろ髪を引かれつつ撤収。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中