ベイトリールを投げまくる

2012.4.19

 

桜も散り始めた頃、久しぶりにバス釣りに房総半島へ行く。
野池のフローターパターンだ。

太陽が昇ったと同時に準備をし入水。
JOYCRAFTのフローターを借りたのだが、座高が安定していてなかなか良い。
そしてこれまた久方ぶりのベイトタックルでガシガシ打ち込んでいく。

今回は、Ar氏とCovaクンとそのお友達と自分とで4人。
手分けしてバスを探していく感じだ。

昨日までは暖かかった気温もこの日は5度も下がり、日が昇れば上昇するかなとも思ったが、生憎の曇り空。
かなり着こんできたので(ウェーダーの下にはゴアテックスのアウターまで履きこむ)体温はそうではないが、グローブをしてなかった手だけは寒かった。


おっとスプライトのビンを発見!

朝方のポイントは、全員残念ながらノーバイトに終わってしまった。
ここまでバイトが無いと諦めざるを得なかった。

さて次のポイントは少々濁り気味。
天候も回復し、すっきりした穏やかな空になった。

まったりとしたポイントだが、濁り具合は悪くない。
丹念にシェード打ちをしていると、Ar氏が僕を呼んでいる。
そちらを見ると、結構り良型の魚とファイトしているではないか。

45センチのナイスフィッシュ!
今年の初フィッシュだし、お昼前後の時間でこのサイズだから、これは嬉しい釣果であろう。
風表で日が当たる個所を攻めたとの事だったが、あまりバスではそう言ったエレメント的要素は考えてなかった。
まあ、これで魚が居ると分かったので俄然やる気が出てきたが、一向にバイトがでない。

昼食後は少し仮眠をし(かなり眠かったので心地よく眠れた)、夕マズメを狙う。
そして、どれだけフローターを流し、どれだけキャストしただろうか。
かなり過酷といえば過酷な釣りであった。

日も暮れかかり、岸に戻る為、半ばヤケで流しながらルアーを打ち込んでいく。
まあ、今回はベイトタックルを投げ続け、かなりベイトリールには慣れたので良かったとしよう。

と、諦めかけたところに生命反応。

お!?釣れちゃったか?

でっかいラパラのジョイントに、ちっちゃい小バスがヒットしたのだ。
よーし!まあサイズがどうであれボウズでは無かった。
サイズが小さくても、嬉しいもんだねぇ。うふふ。

結局、全体の釣果としてはその2尾のみ。
バスフィッシングっつうのは、難しいなと思ったね。
だって、一日中やってこの釣果だもん。

体力回復の為にチバカラで野菜増し増しを平らげ帰宅。
千葉ののんびりとした田舎の風景と比べれば、東京の端っことは言え物凄く都会に感じるのであった。

次の日は、筋肉痛と慣れないベイトタックルを使ったので親指が痛かったのであった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中