金環日食

2012.5.21

金環日食を見る為に、早朝に起き出して広場に向かった。
関東で日食が見られるのは数百年に一度ということで、これは見るしかないと思ったからだ。
その為に、日食グラスも買ったのだが(これが無いとムスカ大佐みたくなってしまう)、問題はやはり天気だった。

いまいちスッキリとしない空だが、時たま太陽は東の空からチラチラと顔を覗かせている。
カメラの方も、太陽を撮る為には減光フィルターを装着しなくてはならず、それを買うのも結構な値段もするし、万が一天気が悪ければと考えると必要性もどうかなと思っていた。
日食撮影なんて初めてなので、果たしてどんなものなのか皆目分からなかった。
それでも一応望遠レンズと三脚だけはセットした。

次第に欠け始めても良いであろう時間帯、雲間から太陽をグラスを通して見ると、見事に欠けているのが分かった。

おお!と感嘆してしまった。
まさにその陰っている部分が月なのだ。
日食グラスで見るより、望遠レンズで通したカメラの液晶モニターの方が良く見える。
完全なピーカンより、雲があるおかげでフィルター無しでも写真に収める事が出来たのでこれはラッキーだった。

しかし、分厚い雲が流れてきて太陽は隠れてしまう。
この見えたり見えなかったり焦らし効果もまた良い。

次第に辺りは暗くなり始め、なんとなくムクドリ達が騒ぎ出している。
果たしてこれも日食効果なのか分からないが、そろそろ金環が始まるのだろうか?

そして雲間が切れた瞬間に見えた。

おお!これは素晴らしい。
太陽と月がぴたりと重なる瞬間。
考えてみればかなりの確率だろうと思うけど、金環日食が行われる時間も分かってしまう天文学も凄いなと思ってしまう。

太陽の光を月が覆ってしまうと、夕方の様に一瞬暗くなり、気温の方も下がってくる。
そして、また日差しが届くと、その暖かい温もりが戻ってくる。

一時間ぐらいの天体ショウであったが、太陽との関係みたいなものに愛おしさを感じた。

お腹がすいたので、朝食はドーナツを食べることにした。

広告