6月のシーバッシング

2012.6.23

 

ここ最近、シーバスが釣れてない。

そもそも海水温が上がるこの6月のシーズンって結構難しいのではと思う。
まず、水温上昇によって赤潮、夜光虫の発生が増える事。
そして、台風などで雨量が増すことによって、上流部からの濁り水が河口域まで広がる。
更に、雨が降っているとマイナス思考になって、釣り場へ行くのが億劫になってしまう。
などと、まあ釣れない要素を上げても仕方ないんだけど...。

いずれにしても、濁りや夜光虫が影響してるのか6月に関してはシーバス釣りは難しく感じ、釣果に関しても他の時期に比べると(また更に)乏しい様に思う。
とは言うものの、濁り水でも夜光虫が出ていても、シーバスはルアーを追いかけてくるし、要はベイトの存在がキーとなるのは言うまでも無いが。

こうなれば港湾部は捨てて、思い切って川のポイントを探ってみるが、新しいポイントを3回程度通ったがどれも不発だった。
地元のアングラーに聞けば、「去年は良かったけど今年はさっぱり」という事であった。

このままでは、この月は一本もシーバスを釣らないで終わってしまうのでは?と言う変なプレッシャーもあった。
河川や河口域は、台風の影響で濁りが酷いと言うことは、河川の影響をあまり受けない海ではどうか?
と言うことで、ちょっと遠征してポイントゼロに釣行。

梅雨時でも久々にさっぱりと晴れて気持ち良く、何としても一本欲しかったのだ。


思った通り、あまり台風の影響はさほど受けてなく、多少ゴミが散乱している位で、水の色も悪くなかった。
多少南東の風が強く、風裏はあまり潮が動いて無いようだ。

オープンウォーターになったサーフ部を上げ潮狙いでラン&ガンしていく。
波打ち際を良く見ると小魚がピチピチと跳ねていて良い感じだ。
ミノーを早巻きしていると、遠浅の砂浜なので底を擦ってしまうが、いかにもガツンと来そうだった。

しかし、往路では期待はあっさり裏切られ、バイトは得られなかった。
復路でも執拗に攻めていく。
ルアーが気持ちよく沖の方まで飛んでくれるので、たまにゴミが引っ掻かてくる以外は結構快適だった。

そしていかにもと言うタイミングでヒット!


ショアラインシャイナーR40で


ここにきてやっと。
フッコクラスだけど、明るい時間帯でサーフで釣れれば価値観は大きいのだ。

その後、もう一度往復を繰り返したが、ノーバイトであった。
とりあえず一本出せたのでまあ良かったとしよう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中