潮と砂まみれの房総釣行

2012.7.1

 

疲れた体に鞭うって、D氏と深夜から房総へ釣行。

時期的には少し遅いかもしれないけど、ヒラメ&アオリイカ狙い。
どちらもどーしても釣りたいターゲット(食べても美味いしね)。

先ずは房総館山。

日曜日ともあって思っていた通り釣り人だらけ。
堤防にも釣り人がずらりとならび、そして目的地であったサーフ部も5メーター間隔でアングラーがびっしり。
このポイントは先日テレビで紹介されてしまったので、冗談で管理釣り場みたくなっているんじゃないかと言っていたが、正にそうであった。
まったくテレビの影響力って凄いね(まあウチ等も影響されて来たんだけど...)。
しかも、ヒラメ狙いのアングラーの他に、沖の方ではサーファーまで居るんだから、入り込む余地なしと言った感じだったので速攻パス。

海岸線を北上して人があまり居ないサーフ部を探す。
多少の釣り人とサーファーが居るが、釣りは出来るであろうポイントに入る。

結構引いてきてしまっているので、ウェーディングしてロッドを振る。
ヒラメなんて殆ど狙った事が無いので、手探りでの釣りだ。
D氏は早速、魚のチェイスがあったとの事で、少し力が入る。
チェイスしてきたのはカンパチか何かと思ったが、実はフグらしかったのだ。

大分日も昇って来たので漁港周りをしてみる。
どこの漁港もファミリーフィッシング全開の場所で、殆どが餌釣りの人だったが、所々に墨後もあった。
エギングでのアオリイカも釣った事が無いので、午前中は消化不良な釣りとなってしまった。
睡魔が襲ってきたので仮眠して、ランチはアジフライなんかを食べて千倉方面へ。

千倉のサーフに入ると、上げ潮と共に風も出てきて海は荒れていた。
竿を出していたキス釣りの人は、朝方ヒラメを釣っていた人がいたと言っていたし、イワシも打ち上げられていたので、状況的には悪くない。
ちょっとこのポイントで粘ってみる。

低気圧の影響で、海は荒れ模様。
巻き返しで底あれもしているから、なかなかルアーを泳がせるのも難しい。
それでも離岸流を狙ったり、波の向うにルアーをロングキャストする。

雰囲気的には悪くない様な気もする。
ただし波も被るし昆布なんかの海藻も引っかかってきて幾分やり辛い。
太平洋の海は力強く、その力強さに恐怖すら覚える。
もう少し波が穏やかだったらと思うが、大海原でのサーフでの釣りはやはり面白い。


結局、少し期待したサーフ部では潮と砂まみれになるも反応を得られず(釣れそうだったんだけどなあ)、最後はダメ元で館山に戻る。

館山に戻るとエギングをしている人がずらりと並んでいた。
あまり人が居るところは嫌なので、僕は一人島の表まで足を延ばす。

岩場に立ち足元を見ると、何やらイワシが騒いでいた。
すかさずミノーを通すと、ビン!とバイトが有り!

これはシーバスか、それとも青物か、いやヒラメか、アオリイカか?
ヒラメやイカでは無いと思うが、こう言った釣りは何が釣れるか分からないから面白い。
ターゲットも色々有ると、釣り方も変わってくるので、難しいと言えば難しいが。

そしてシンキングミノーに替えたら、ガツっとヒット!
ちょっとこのタックルではヤバいんじゃないかと思うくらい凄まじい引きだ。

ギューンとラインを出していく。
これは間違いなく青物の引きだ。
イナダか何かだろう、少しドラグを締めてファイトする。
が、そこで痛恨のフックアウト!

それ以降ジグやバイブレーションを投げてみたが、アタリは無くなってしまった。

結局、今回の千葉遠征も空振りに終わってしまった。
一体、僕らはどれほど魚に近づいているのだろうか?

こう言う時に思うのだが、ホントに釣りって難しいよな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中