まだバチ?

2012.7.5

 

千葉遠征での消化不良の埋め合わせではないが、ちょっと港湾部に釣行。

餌釣りの人も結構いてメジナとかを上げていたが、いつもシーバスばかりなので新鮮だった。
こんな感じで有れば、間違いなくシーバスも釣れるだろう。

さすがにベイトフィッシュパターンだと思い、ミノー中心に投げていた。
でもって、やはり早々Bootsにアタリが出た。

このBootsと言うルアーは、水面直下をまるで小魚が弱っているみたいにユラユラと泳ぐ。
固定重心で立ちあがりも良く、魚のバイト率はかなり高い。
もちろんオールシーズン、一軍として働いてくれる。

バイトが有った周辺をシンキングやジャークなんかで誘ってみるが無反応。
またBootsに戻し同じコースをトレースするとヒット!


Bootsで

湾奥アベレージだが、なかなか良い引きだった。

徐々に移動しながら広範囲を狙うが、今一つバイトも出ない。
先ほどのバイトエリアに戻り、同じように攻めるとヒット。

これもアベレージであったが、口の中を見るとバチだらけだった。


これもBootsで

そうか、バチパターンだったのか。
通りで早巻きとかジャークには反応が出ないわけだ。


これはレイジー

他のアングラーはいまいち釣れて無さそうだったので、バチパターンと教えてあげたかった(おこがましいな)。
それからBootsのスローリトリーブ(バチパターンにも持って来い)やシンキングでバイトを連発させるも、フックアップに至らず終了。

もし、ベイトフィッシュパターンで通していたら釣れなかったであろう。

魚は足元に居るのであった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中