インジャンジョーは何者か? 

2012.7.26

 

いよいよ夏も本番か、と言うことで茨城にバス釣り。
シーバスの方は?と言うと、この時期のシーバスちょっとやり辛い。
と言うのは、レジャーや花火などで河川敷には人が居るもんで、中々ポイント立つのも憚れるのだ。

さて、夜中に東京を発って、朝まず目からボートでポイントに入る。


鏡状の水面が気持ち良い

周りからはヒグラシがわんわんと鳴き、夏の日差しが徐々に昇ってくる。
日焼け止めと、虫よけスプレーを丹念にする。

鏡状の水面を見るとかなり透明度が高く、所々藻が繁殖している。
どうもバスっぽくないポイントと言う感じがするが、シャロー帯を攻めているとヒット!
水が透き通っている為、暴れる魚が丸見えでこれは中々面白い。


とりあえず朝一釣れてくれると余裕が出てくる

スピナーベイトにアタックしてきたのは40位の綺麗なバスだった。
その後、クランクベイトに良型がチェイスしてきたがヒットには至らず。
やはりシャロー帯に魚は着いていたのだが、さすがに打ち込み過ぎて場がスレてしまった。
と言うか、良く見れば泳いでいる魚を確認できる。
こちらから魚が見えているんだから、向うだってこちらが見えているはず。
こう言った魚は釣れないのだ。

対岸にボートを移し、岸際の際どい箇所を狙っているAr氏に反応が出た。
もう一度同じ個所に落としすかさずヒットに持ち込む。

フロッグで一本。
とりあえず一本ずつ釣れたので良しとする。

しかし、出だしは良かったものの、それ以降一向に反応が得られない。
日も昇ってきて魚の活性が下がったのか、バイトすら得られなくなってしまった。
水面には相変わらず小バスがふらふらしていて、時たま良型もふらついているが、まるっきり相手にされず。
一通りポイントを廻ってみたが反応も得られず、仕方ななく船上で寝に入る。

Ar氏は僕とは逆に日焼けクリームを付けこんがり肌を目指すみたいだ。
インジャンジョーの様に・・・。
と言うか、インジャンジョーって何者?

インジャンジョーが何者か分からないまま僕らは取りあえず珍来で腹ごしらえをした。
そして正午からもボートに乗り再びインジャンジョーを探索...じゃなかった、釣りを再開。


こうやって漕いだ方が速い

真夏の太陽は容赦なく照りつける。
僕は、日焼け止めクリームを塗っているが、これは非常に汗を掻きやすい事が分かった。
まあ、汗を掻く事は悪くないんだけど、それだけ水分補給はこまめに摂らなければならない。

ボートでポイントを周り、シェードを中心に撃っていくがやはり反応が無い。
魚が釣れないと、これはもう何と言うか、夏季猛特訓という感じになってしまう。
よーし、こうなればトコトンやってやろうじゃないか!
つーことで、キャスティングの猛特訓を開始。

オーバーヘッドキャスト、クォーター&サイドキャスト、バックハンドキャスト、そしてスキッピング。
大体僕はシーバスに慣れてしまった為、ベイトキャスティングは意識してないとやはりちと難しい。
こうして夏の炎天下でキャストを繰り返し、なんとかまあ形になって来た。

そうこうしている内にヒグラシが鳴き出し、やはり岸際にてヒット。
岸際の際どい箇所だ。

魚は、木から虫か何かが落ちてくる者に対してスイッチが入るようだった。
オーバーハングを中心にルアーを落とすとたまにボシャっと出てくるのだ。

先ほどの練習が効いたか、オーバーハングやエッジに気持ち良くルアーを送り込んでいく(いや半分焦り気味か?)。
そして、一度ルアーの後ろに水柱が出て、その直後にヒット!


(ナイスアングル!)

小バスかな?と思ったが、まあ悪くないサイズであった。
ぴっぴくん大(クレイジークローラー大)で獲れたので、これでノルマは達成だった。

ところでAr氏はインジャンジョーの如く色黒になったのだろうか?
元々が少し黒いので、何だかあまり変わってないような気もするが...。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中