秋分の日

2012.9.23

夏は好きだが、この蒸し暑さはいつまで続くのだろうかとさすがに嫌気が出てくる。
しかし、秋分の日を境に一気に気温が下がって来た。
「暑さ、寒さも彼岸まで」とはよく言ったものだ。

夏の時期に、河川や港湾部に釣行してみたが、ただの一度もヒットが得られなかった。
今年の夏は雨が少ないのと、やはりこの暑さなので、海水に含まれる酸素が幾分低いとの事だった。

とは言うもののもう10月も近く、シーバスも秋のシーズン到来間近である。
期待しないわけにはいかないが、秋分の日の少し前に湾奥ホームで釣れたのはカマスであった。
最初、フッコか何かと思ったが、カマス(歯が凄い)が釣れたのは初めてだった。


グースでカマス

その後、CD7にやっと湾奥アベレージサイズがゴン!といかにもシーバスらしいバイトで乗って来たが、焦ってしまい足元でフックアウト。
その日はその後バイトが一発出ただけで終わってしまったが、やはりシーバスの引きは特別な物だと思った。

そして秋分の日の後日は、ヤル気が失せるようなドンヨリとした雨模様。
潮汐もイマイチな日で、ポイントは北風を受けない風裏になっていた。
波っ気も無い水面に、ストラクチャー際をBootsでトレースしてやると、3,4投位でグっとロッドが重くなった。
ストラクチャーに潜られない様、一気にリールを巻く。
足元で抵抗する魚を、膝を使っていなし、無事ランディング。


Bootsをガブリ

久々のシーバスは60弱であったが、ひとまず前回のリベンジは出来た。
いやあ、最近は淡水ばかりだったので、やはりシーバスのパワーは格別だなと思った。

その後に重たい引きの魚を掛けたが、これは多分ボラのスレ掛かりだろう。
ライトを水面に照らすと、ボションと2匹くらいジャンプする程ボラが群れていた。

これからガンガン行きたいところだが...。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中