晩秋の湾奥ホーム

2012.11.22

晩秋と言うか初冬。
枯葉が舞い散るこの時期、仕事後にかなり厚着をして湾奥ホームへと釣行。

全くこんな寒い時期に、しかも深夜に釣りなんて行く奴居るんだろうか?と自分の事を棚に上げてしまうが、やはりそこにはしっかりとアングラーがロッドを振っている。
流れも無いし、ベタ凪だし、やけに明るい場所なので、釣れる気配ゼロ。
そのアングラーが居る裏側の、少し暗がりになった場所でロッドを振ることにした。

常夜灯などがギラギラと灯り、しかも水面が大人しい状況では、今までの経験上なかなか反応を得るのは難しい(もちろんシーバスは居るかもしれないが)。
このような場合その逆のパターンで、暗く何となく寂しい箇所をルアーで通すと、反応が出て来ることがある。
この場合も、そんな暗がりの裏道的な箇所でルアーを静かに引いてきたら喰ってきた。

何となくバチパターンっぽく、60有る無し。
その後はポイントをずらしBootsでバイトが出たが乗らず。
まあ一本捕れただけでも良しとする。

次の日は休みなので、また同じ個所に下げ狙いで2時間の釣行。
かなり潮が引いていて、昨日と同じで釣れる気配ゼロ。

昨夜、Bootsでバイトがあった場所を叩いていた。
まるっきり反応がないので途中でいやになって、ルアーを回収しようと早巻きすると途中で根掛ったのか重くなった、と思ったらシーバスがヒットしてた。
ラッキー!

昨日と同じ大きさのシーバス。
たぶんこの個所は岩か何かのストラクチャーが埋まっているのだろう。

そしてTKLMで小さいのをバラし、昨日は灯りがギンギンだった箇所(この日は消えていた)をトレースするとセイゴがヒット。

この日は寒いと思いかなり厚着をしてきたが、結構動き回ったので暖かい様に感じられた。
まあ、実際には寒い日なんだけどね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中