片倉ダム

2013.3.8

 

房総半島の真ん中辺りにある笹川湖で、今年初のバス釣り。
ボートを借りて朝まず目から釣りスタート。

地図で見ると、笹川湖は亀山湖をコンパクトにした感じなので、それと比べればポイントが絞り易い。
それに、この日はとても暖かく釣り人も疎らなので、ちょっと期待しての釣りだ。

湖の特徴は、何と言っても立木が多いと言う事。
この湖は人工湖なので、そう言った名残が見受けられるのだ。
もちろん立木の間にルアーを通したりしてみたが、どうも魚っ気が無い。

南の風も強く、なかなかボートを操るのも大変だが、それよりも何だか目がショボショボしてきた。
山の中で釣りをしているわけだから、至る所に花粉をばら撒いている杉の木があるのだ。
前半戦は、釣りどころでは無くなってきてしまうほど花粉に参ってしまった。

途中、トラス構造の廃橋が林の中で凝然としてた。
これは一体何のために造られたのか、そしてなぜ中途半端な工事で終わってしまったのだろう。
錆び具合がとても魅力的に見えた。

花粉と風の攻撃を受けながら、それでも風裏などでポイントを打って行く。
風に流された藻が溜まっている個所などを丹念に探ってもアタリは出ない。

まあ、風が無ければ穏やかで、それに花粉も飛ばないから釣りがしやすいんだけど。
それでも一向にバイトが出ないので、モチベーションが下がっていくのだ。

結局、ノーバイトで陸に上がる。
まだまだ水温10度と低く活性がイマイチなのか、バス釣りって難しいなと思った。

笹川ボートでボートを借りんたんだけど、この釣り船屋はとてもサービスが良く親切だった。
これで魚が釣れていれば文句は無いんだけど、数組いたアングラーも殆ど魚をキャッチしてなかった事なので、まあそれを聞いてちょっとは救われた感じだった。

帰りがけにチバカラでも寄ろうと助手席でiPhoneで検索していたら、不覚にも車酔いになってしまった。
どうも体調不良か、それともお昼を食べすぎたのか、次はバスとラーメンを二つもリベンジしなくてはならなくなった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中