流れバチ

2013.3.17

先週は、ゲートブリッジを使い大田区方面へのシーバッシング。

あまり通わないポイントなので地形変化も分からず、根掛かりを外そうとロッドを呷るバキっという音が手元から聞こえた。

信じられない事にバットの箇所から折れていて、完璧に使い物にはならない状態だった。
たぶん転んだかなんかした時に、亀裂が入っていたのだろう。

相棒からロッドを借りて釣りをするも僕はまるっきりダメだったが、相棒は北風が強い中しっかりと魚をキャッチしていた。

そんな不運もありながら、この日は古いロッドを持ちだしてのリベンジ。
南風が強く、入りたいポイントでの釣りは無理。

と言うことで、仕方なくゴミが漂流されている小場所で釣りをする。
風表ではあるが、もしかしたらゴミと一緒にバチなどのベイトも流されてくるのではと楽観。
投げるルアーはもちろんバチ系ミノー。

1投目でコクンと反応...ゴミ?

2投目でガツっとう鋭いバイト。

3投目でフィッシュオン。

まあ、小さいがこれはこれで気持ちが良い。

風と漂流物に翻弄され、キャスト&スローリトリーブを続けると、面白い様にバイトが出る。

ワンキャストワンバイトと言う感じで、まあ小さいサイズばかりだが高活性だ。
一回だけ、大物が掛ったが、フックが伸ばされバラす。

場所をずらしデッドスローで魚を掛けていく。
その殆どは小さいサイズだが、この日はまあ風が強くポイント移動もアレなんで、この場所に留まった。

結局、20匹くらい掛けて撤収。
シーバスの口の中はバチだらけだった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中