無風、イワシ、夜光虫

2013.7.25

蝉も鳴き出しいよいよ真夏到来。

満潮前、まずは運河から探っていくが、とにかく風裏なので蒸し暑い。
じっとりと汗を掻きながら、バイブレーションに唯一ヒットした魚は水中でバラしてしまう。
虫よけスプレーを入念にしてきたが、蚊じゃない何かに腕が刺されまくっていた。

下げ後からはオープンエリアにポイント移動。
若干、南風が吹いているのが幸いして幾分涼しく感じる。
水面を見ると、長いものが浮遊していたが、風に流されたゴミだろうか、それとももしかしたらバチかと思いバチ系ルアーを試すとヒット!

更に沖の方でもガツン!とした強烈なバイトを喰らう。
喰いかたからしてベイトフィッシュパターンだが、以降続けるも反応が出ない。

ルアーも色々試すもいまいち反応が出ず、パターンも掴めない。

テトラ際をスーサンで引いているとゴっというバイトが出た。
もう一度同じコースを通すと、足元の先3メーターでまるで煙の様なもが光った。
ルアーに喰いつこうとして、シーバスがアクションした際に夜光虫で光ったのだ。

さらに、同じコースをリトリーブし、先ほどバイトが出た同じ個所でショートジャークを一発入れると、モフっとロッドが重くなった。

乗った!

最初は、セイゴかフッコだと思った魚は意外にもスズキサイズで、ドラグを使い慎重にファイト。

狙って喰わせた事もあり、これは気持ちの良い一本だ。
新しいロッドにも一応入魂出来た。

風はピタリと収まりかなり蒸し暑くなって来て、夜光虫も酷くなってきた。

夜光虫が目立ち始めると、それに伴って小魚も光り出した。
この四方八方にヒュンヒュンとすばしこく泳ぐのはイワシだ。
これだけイワシが騒いでいると言うことは、シーバスはイワシの群れを追っているのだろう。

しかし夜光虫でラインなんかが光ってしまって、ルアーには見向きもしない感じ。
暑さに負けて、そそくさと撤収。

この日も熱帯夜だ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中