亀山湖攻略?

2013.9.26

亀山湖にバス釣り。

台風の影響か多少天気が気になる(またまた台風に苛まれた)。

亀山湖は連敗続きであったが、Ar氏は前回の釣行で何となくパターンを掴んだと言うことで今回はそれを生かそうとの試みだ。
釣りは自然環境に左右されるから、パターン云々がどこまで通じるかがわからないが、正直1匹でも釣れればいいなという思いで釣行。

どんよりとした雲の下、早朝5時半きっかりに出船。
まずは何処へ向かうかがキーとなるが、とりあえず流れ込みを狙うことに。

断崖絶壁の壁際にラパラを落とし込む。
すると、ルアーが浮きの様にフワリと沈んだので、これは何かいるかも知れないという期待感。
その期待感は矢庭に形となった。

開始早々、僅か数投でAr氏がナイスなバスを掛けた。

バカでかい海馬というルアーに(値段も高い)、40後半が喰いついてきた。

朝一、そして流れ込みというファクターが重なった幸運か?
そして僕もその恩恵に与ろうと、同じ場所に投げ込むと、あららヒット!

先ほどの魚に比べればかわいく見えてしまうが、40アルナシ。
うーむ釣れると楽しいなあ♪やっぱ釣りはこーでないと。

その後、台風の影響で北風が強かったり、たまに小雨が混じったりで寒さも増し、翻弄さればがら風裏を打って行くパターンで釣りをする。
前回のパターンがどーのこーのという状況では無くなってしまった。

結局、北風にボートを流されるもんだからポイントは絞れず、バッテリーの量も激減してきて、オフショアの釣りは午前中で切り上げた。

仮眠後に空を見上げると、太陽が顔を出しすっきりとした秋晴れが広がっていた。
まだ北風は強いが、「でかい魚を釣った方にちばからラーメンを御馳走する」つうことでおかっぱり勝負。

しかし、あれだけボートで廻っても釣れないのに、どう考えてもおかっぱりでは釣れる気がしない。
それに改めて亀山湖をみると、いかに減水しているかが分かる。

それでも僕はおかっぱり派なので、釣れそうになくても釣りを楽しむ。

足元ではブルーギルがジャレていたが、ふと沖目を見るとギラリとした魚影!
すがさずミノーをキャストしジャークをかませると喰いついてくれた。

こう言ったシャローはおかっぱりの方が狙いやすいのかもしれなし、釣ったという感覚は何とも言えない。

森からはまだ蝉が鳴いていたが、空を見上げると秋らしい夕焼けが広がっていた。

御馳走さんでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中