台風の後

2013.10.16

関東に上陸した台風26号。
まったく今年は台風の当たり年で、もういい加減にしてもらいたい。

この日は仕事が休みだったので、朝はゆっくりとテレビを見て過ごしていたが、何気に外を見ると虹が出ていた。
確かに風は強いが予報ではこの日は雨であったので、やっぱり天気予報は外れだった。

夕方、幾分風は収まったが、まだ北風強く吹いていた。
台風後の爆釣を期待してポイントに向かった。

風裏をと考え運河に入るが、見事に風の通り道になっており、しかもベイトっ気も無く移動。
どうも北西の風みたいなので、結局いつもの河口ポイントへと移動。

確かに河口は荒れ模様だが、風を背負う風裏ポイントでは波っ気も無く実に穏やか。
漂流物も流れておらず、水質も少し濁っているが透明に近かった。

多少風がある角のポイントでグースを投げると、早速ゴクン!とアタリ。
ポイントを風裏側に少し移し、潮目に向かって追い風でルアーを飛ばす。

40クラスがヒットしたが、2本ともバラシ...。

少し上流にポイント移動をする矢先、岸際でボン!という破裂音が2発こだました。
先行者が居たので少し離れてポイントに立ち、ボイルが出た辺りにキャストすると一発で喰ってきた。


ピースで60センチ

よーし、魚は入ってきていると喜んでいると、なんと網の根元の部分が壊れていた。
元々壊れているのを何回も修理して使っていたので、取れてしまったのだ。
こんな時に壊れるなんて...もうこの網は使わないでおこう。

凪状になった水面を良く見ると、至る所でボイルが起きていた。
岸際にピースを打ち込むと、またもやヒット!これもサイズはまあまあだったが、途中でフックアウト。

そしてスーサンにも50センチクラスがヒット。
網が無いとランディングは難しく、これはフックアウトせずなんとかキャッチ出来た。

ライトを点けて水面を照らすと、ベイトフィッシュの群れが帯状になっていた。
物凄い数で、時たまその群れの帯にシーバスがパンっ!というふうにボイルしているのだ。

大人しいローリング系のスローリトリーブに反応する。
ヒットを繰り返すがランディング時に足元で手こずり、全てフックアウト。
まあ、魚の引きは味わったので良しとする。

で、このベイトフィッシュはずっとイワシだと思っていたが、イワシはイワシでもトウゴロイワシではと。
イワシという名前が付いているが、どちらかというとボラに近い。

この台風の通過後はやっと秋の気配。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中