江戸川の緩い流れ

2013.11.4

先日の休み、遅くにD氏と出撃してみたが、ソコリ状態でホゲ。

この日そのリベンジとして、サーフに立ち込んでみたが、どうもベイトが見当たらない。
テクトロでちっこいのが釣れただけ。

おまけに雨と風とで意気消沈してしまい、このポイントに見切りをつけ移動する事に。

さて、どこに移動しようかと思案し、超久かたの茜浜シャローへ。
するとどうだろう、フェンスが立ちはだかっていて立ち入り禁止になっていた。

湾奥は次々と釣り禁止エリアが増えて来てるのが現状だ。

よし!ここは気合いの江戸川ウェーディングだと、河口に移動。
ここは、かなり昔に訪れた場所だが、果たして釣れるのか釣れないのか分からないが、アングラーは皆無だった。

下げ7位だろうか、ソロリと川に立ち込む。
緩い流れの中でセイゴが反応。

明暗部をピース80Sでゆっくりと流すと反応がある。
まともな奴をバラシ、すぐさまフッコサイズをゲット。

それで調子に乗ってたら、橋にルアーをぶつけてしまいリップが折れてしまった(何やってんだか)。
仕方無くBootsで流していると、またまたサイズダウン。

こう言った河口は、どこにどう魚が着いているかポイントを探すのが分からない。
橋脚周りや明暗部を狙ってみたが、それ以外になると干潟状態から魚を探すのはかなり難しいと思う。

まあ初めてのポイントで釣れたから良しとするが、有る程度反応を得るためには何回か通う必要がある。

11月と言うことでさすがに寒かった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中