シーバスとカマス

2014.9.14

日が沈みに中川へ。
橋の明暗部でバイトがあり、暗部へミノーを投げるとすぐさまヒット!
が、途中でフックアウト...。
最近バラシばかりだなあと粘るも、その一本だけ。

運河に移動し、同じように明暗部をシンキングペンシルで引いているとヒット。
明暗+ブレイクなので、着いている確率が高い。
足元に寄せるとまあまあのサイズだが、ドラグを出した後、首振り一発でフックアウト...。
まったく!

違う運河にするかどうか迷ったが下げの荒川へ。
沖から、緩い下げを流していると、岸際近くでゴン!とヒット。
アベレージサイズだが、網に入れたと思った魚が暴れて外に逃げてしまった。
おい!

まったく!と思っていたが、魚は足元に漂っていたので、すかさずハンドランディング。


マリブでアベレージサイズ

なんとかキャッチはしたが、魚が暴れて鰓で手の甲を負傷してしまった。
シーバスの鰓は鋭利になっていて、非常に危険なのである。

その後、グースにヒットしてきたが、それが全てカマスだった。

この時期、カマスは結構川まで入り込んでくるのである。
食べたら美味しそうだけど、骨が多そうだな。

こう言う外道は釣りを飽きさせないけど、やっぱりシーバスが釣れないので撤収。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中