イワシ接岸

2014.10.10

台風と台風の大潮。
夕日が真っ赤に染まり、海風も実に心地が良い。
これは期待できそうだと準備していると、D氏から連絡あり。
そこから実況釣行スタート。

ポイントは浦安ポイント。
過去に何度も来ている場所だが、あまり良い思いはした事が無い。
今回改めて探ってみる事にする。

まずはテトラ際をチョーサンで引いているといきなりヒット!
が、お約束のバラシ...。
同じコースをCDで沈めて小さいのをゲット。
この場所の水深はかなり深く、しかも周りの工場の灯りがまた良い感じなのだ。

まあ、幸先は悪くないかが、テトラでは餌釣り師が陣取っており、思うように行かないので沖の方にポイントをずらす。
沖目ポイントでシンキングペンシルを遠投すると、ゴバっと明確なバイト。
何度かトレースしているとヒットしたが、これはマルタであった。

ここは反応が無いので、暗がりポイントに移動。
シーバスマンが2人ロッドを振っていて、同じようにテトラに乗って遠投する。
ここはシャロー地帯になっていて、潮が引いてくると根掛かりしてしまうので、シャローランナーを中心に投げる。
すると、グースに反応あり。


グース125fで

フッコクラスが釣れたが、その後の連続ヒットは全てバラし。
ランディングの時にライトを水面に照らしてしまいベイトを散らしてしまったからか、反応が無くなってきた。
ライトを照らした感じでは、どうもイワシの様だった。

その後場所をずらしていくが、沖の方でセイゴがバイトしてくるだけだった。
仕方なく最初のディープポイントに場所を戻す。

するとまたテトラ際を狙うパターンで反応あり。
バラシた後に逆側からチョーサンのツイッチで攻めると重いバイト。
これは良い引き味で、強引にテトラから剥がす。

引きの割には50後半といった感じだが、まあ秋の魚は良く引いてくれるので楽しめた。
リーダーがテトラに擦れてボロボロになってしまったが。

しつこくテトラ際を引いていれば、魚の反応はあるがキリが無いので撤収。

バラシも多く、魚のサイズも大きくは無いが、やっと秋が来た感じだ。

イワシの他にワタリガニも接岸してた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中