江戸川浸かり

2014.10.20

連休最後の休みは江戸川でシーバッシング。
江戸川は一昨年位から開拓している。
前日は千葉北西部でセイゴのバイトしか得られなかったんで、そろそろ川を攻めようと試みたのだ。

満潮から気合いを入れて入水すると、小雨がぱらついてきた。
D氏は今日も北西部に居るみたいだが、南風が強く釣りづらいみたいだ。

さすがにまだ明るいうちでは反応が無いかなあと、適当にミノーを早巻きしていたらピックアップ時にロッドの先に水柱が立った。

ボシャ!

うお!とびっくりアワセをしてしまったが、フックをチェンジしたばかりなので運よくフックアップした。
久々の浸かりなのでランディングに手こずりネットイン。

50センチくらいだが秋の魚は良く引くし、意外にも浅場にシーバスは居るもんなのだと思った。
D氏にメールを入れるとこちらに合流するとの事。

それから少しずづ前に進みながら打っていると、根掛かり...と思いきやそれがゆっくりと動いた。
うわ!どうもエイに引っかかってしまったらしい。
エイがボトムに張り付いてしまうと、ほとんど根掛かり。
ロッドを煽り、水面に浮かせポンピングで寄せるが、これが結構辛い。
ルアーのフックにネットを掛けプライヤーで外すが、やはりエイの尻尾が怖いのだ。

もうエイは無いだろうと思ったが、またもやエイを引っかけてしまった。
うんざりしながらやり取りしていると、運よく外れてくれたので助かった。
まったくかなり腕の力を消耗してしまったよ。
フックを替えたのは良いが、余計な物までフックアップしてしまう。
それとリーダーをナイロンからフロロカーボンに替えたが、これはなかなか良かった。

それにしてもエイに気をつけなくちゃならんな。

そこからD氏と合流し、川を攻めていく。
基本的に江戸川は浅いので、そう言う場所はあまり流れを感じない。
流れを求め、更に川の奥深く進んでいくと、良い流れがあった。

浅場にサヨリが泳いでいる、これはいけるか?
しかし暫く打っていたが、まるっきり反応なし...。

この時期、さすがに水に浸かっていると寒くなってくる。
いい加減疲れてきたし、熱いコーヒーが無性に飲みたくなったので、この日は引き揚げることにした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中