久々に楽しい釣り

2014.10.24

前回に引き続き、江戸川調査。
満潮前から入水。
風もなく、水温はまだまだ暖かい。

前に出たシャローエリア、そして岸際のストラクチャーを狙う。
岸際をブーツで狙っていると、さっそく反応。
やっぱりシーバスはストラクチャーに着いているのだ。

前回と同じ50位だが、幸先よろしい。
潮が引かないので、暫く岸際とその沖を攻める。

徐々に、潮が引きだしたので、ずっとストラクチャー狙いで奥の方まで入っていく。
が、あまり反応なし。

奥に行くと、常夜灯の感じがいかにもナイトシーバスといった所に出た。
岸際がちょうど明暗になっているので、それを意識しているとやっとバイトがあったが、即エラ洗い。
暗くなると、壁にルアーをぶつけたりするので、その感覚が難しい。
一層の事、壁と並行してトレースすると、セイゴがヒット。

この辺りはストラクチャーが点在していり無かったりと、地形的に良く分からない。

そろそろ、潮が引いてきたので、何気なく沖にルアーを投げてみるとゴっとバイトが有った後にヒット!
しかしランディング時にフックアウト。

ルアーをマリブに替えてみたら40半ばをゲット。

その後、面白いように反応があり、やはり釣りは釣れると面白い。

ガイナやブーツで掛けていく。
いやあ、楽しいなあ!

先日、浅場で10センチくらいのサヨリを見たので、そのサヨリが常夜灯に寄って来たのではとの憶測。
しかし、何処をどう攻めて良いのか分からないが、とりあえず常夜灯が良い感じなのだ。

反応が途絶えたので、浅場から川筋に入ろうと思い、その前に浅場を打っているとガっとバイトがあった!
これが、かなり重い引きで、これはもしかしたらまたエイか?と思ったが、首を振っているのでシーバスである。
いやあ、結構でかいんじゃないか?と、中々魚を確認出来ないでいたが、やっと浮いてきた魚を見たら、案の定スレ掛かり。

ここでやっとスズキクラス。
かなりのシャローに居たので、少しシャローを叩くもそれ以降反応なし。

川筋で流れを叩くも、ここの良い感じなのでだがバイトも出ず。

それで終了。

潮が引いた後、先ほどのシャロー地帯を確認したが、杭だろうか長く伸びたストラクチャーが点在していた。
それに所々、牡蠣ガラやらタイヤやらが沈んでいて、大きい魚はそう言った箇所で餌を待ち構えているのだろう。
(開始後、沈んだ自転車か何かに引っかかって取るのに苦労した)

いままでずっと”流れ”重視に見ていたが、この日の様に潮が緩いところでも魚は食ってくるのである。

後片付けをしていると、アングラーが声を掛けてきたのだが、この方は川筋でやっていたがノーバイトとの事。
さすがシーズンともあり、橋桁周りには幾人かのアングラーとシーバスボートが入っていたのだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中