荒川のシーバスと、タヌキ?

2014.11.3

さて、11月である。
11月は東京湾のシーバッシング最盛期を迎えるのである。
体力、気力、そして時間が続く限り、釣り場に通いたいものだ。

と言う事で、この日は夕食を摂ってから荒川へ釣行。
ソコリ状態からの上げ狙いと行きたいが、現場に着くと潮は引いているし、流れも消えている。
ただ、若干北風が強く、少しだがまだ下げが効いている。

4、50メーター先に潮目が見える。
水際ギリギリに立ち、一番飛距離が出せるF-VMで遠投する。

何投かしていると、コっというバイトがあったような無いような...。
北風を利用し、えいやっ!と更に遠くへ飛ばすと、潮目を超す事が出来た。
そこから巻いていると、ガっ!とバイトが出た!

アベレージサイズだけど、期待はしてなかっただけに嬉しい一尾。
この辺りが11月っぽいな。

どうも、その潮目を通すと、ルアーにコツコツと何かに当たるのだが、瀬があるのか何かしらのベイトフィッシュがいるのか分からない。
ただ、水がある時は何度もバイブレーションで沈めている個所なので、瀬があるとは考えづらい。

釣りを続けていると、ふと右横に気配を感じた。
顔をそちらの方に向けると、なんと目が二つ光っているではないか!
一瞬、ドキリとしたが、良く見るとさらにびっくり。
なんと、タヌキがこちらをずっと見ていたのだ。

すかさずカメラを向けたが、我に返ったのかタヌキは逃げてしまった。
夜間に房総半島を車で走っていると、道路を横断するタヌキを見た事があるがここは江東区である。
昔からここらに生息していたと思うのだが、強かな半面見た目はかわいい。

おっと、タヌキもそうだがシーバスだって魅力的だ。
色々ルアーを投げ、またF-VMで遠投すると日ヒット!くぅ~。

上顎にガッチリ。

僅かな時間だったが、明日は仕事だし遅くなるので終了。
北風が寒かった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中