初釣りは激戦区

2015.1.10

房総半島のシーバッシングが好調らしいと言う事で、初釣りは内房に遠征。
今回の釣りは、『ぬるく』では無く『結果にこだわる』と言う事で多少気合いも入る。

釣れている情報もあるからか、ポイントはかなり激戦区で5メーター間隔の立ち位置での釣りと言う事だ。
たまにはそう言うのも有りなのではと、未明から内房の漁港へと向かった。

ポイントへ着いてタックルをセットしていると、いきなり漁港内でスズキクラスをビニール袋に入れている人がいた。
しかし、漁港周辺には沢山のシーバスアングラーがロッドを降っていて、ポイントに入るのも(入れてもらうのも)スマヌスマヌといった具合で入らなくてはならなかった。
だが逆にこれはかなり期待が出来るのではないか。

暗い中テトラに上がるのは少し怖いが、強引にポイントを確保する。
懸念していた風はそれ程なく、どちらかと言うと穏やか。

久々にロッドを振る。
パターン的にはヒイラギパターンで、基本バイブレーションプラグだが、初のポイントなのでフローティングミノーをなげる。
投げた先にブイが並んでいるが、これは何か養殖でもしているのだろうか?
徐々にレンジを下げていくが反応が無い中、直ぐ左隣のアングラーが魚を掛けていた。

うーむ、やはりシーバスは居るのだなと、次は自分の番だとルアーをシンキングペンシルに替えた1投目にモサっと重くなった。
最初は、何か藻でも掛けてしまったのかなと思ったが、グイグイとヘッドシェイクの感覚がロッドに伝わる。
ジリジリとドラグが出ていくがこれはちょっと緩すぎたのか、とにかく心の準備と言うかブランクが1カ月あったので対応が不器用になっていた。
これは獲ったでしょうと緊張していたが、途中でフックアウト...。

その後右隣にアングラーが入ってきて(その時点で真っ直ぐにしかルアーは飛ばせなくなる)、僕の目の目の前で良型の魚を掛けていく。
みんなどうやって攻めているのだろうか?とちらりとルアーを見ると、やはりバイブレーションが付いている。
同じようにバイブレーションで攻めるが、とにかくこのポイントは水深が有るようで着庭までかなり時間が掛る。
ちょっと斜めに飛ばすと、隣の人(またはそのまた向こうの人)とオマツリをしてしまう始末。

日の入りの時間間近になってくると、指先と足先が寒さで痛くなってきた。
相棒のD氏も釣れないようで、日が完全に登ってしまいゲームオーバー。

周りの人は分かっているのか、日が昇った途端にササーっと撤収して行くのであった。

朝飯はちょっと気合いを入れてホットサンドを作る。
具は定番のハムチーズと、デザート代わりにチョコレートとバナナも試してみた。
そして挽きたて淹れたてのコーヒー。

穏やかな海を眺めながらの至福の一時。
これで朝に魚が釣れていれば、後は温泉でも入ってのんびりしたかった。

仮眠後は金谷の方へ。
1月とは言え風もなく非常に穏やかで、三連休の初日ともあり観光客が多い!
観光客を避け、地元相手の小さな食堂で黄金鯵を頂く。

狙うは、上げ狙いの夕マズメ。
テトラに乗りチョーサンで探っていると、プルルっと何かがヒット。
最初はメバルかと思ったが、今年初の魚はヒラセイゴ。
D氏にも魚がヒットしたが、足元で惜しくもバラしてしまった。

これから時合が来るかな?と思ったがアタリは遠のいて行った。
ヘッドライトの電池は無くなるし、フルスイングしたらラインも出切っちゃうほど巻きラインも少なく、釣りの準備不足も否めなかった。

ただ、今までやってきた中では少し魚に近づけた釣行であった。

今年も良い釣りが出来ますように!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中