北浦行くべ

2015.9.18

バス釣り。
今回は茨城の北浦へ。

車では何度か通った事は有るが、釣りをするのは多分初めてなんじゃないかな。
まあ、北浦も霞ヶ浦も同じような感じでしょう。

日の出と共に釣りスタートと行きたいところだが、いきなりの雷で朝まず目は車の中で待機。
その後雷雲はどこかへ行ったが、雨が降ったり晴れたりと空は安定しない。

やっと雷鳴は遠のきスタートフィッシング。
先日の大雨の影響を受けているらしく、水量が増している。
護岸にまで増水していて、長靴を履いてないと釣りが出来ない有様だった。

先ずは左右の護岸の際、そして前方に見える石の堤防?を狙う。
とにかく全体的にあまり変化らしい変化がないところなので、他に水門周りや乱杭周りを狙っていく。

日が昇ると、上流側からバスボートが一斉になだれ込んで来た。
何かのトーナメントが有るのか目の前にまでボートが来る。
(JBワールドプロシリーズだとか)

ふと足元を見ると、フローティングルアーが沢山落ちている。
増水の影響で流されて来たのだろう。

午前中は反応が無く終了。
昭和な感じのする『しをみ食堂』と言う食堂でタンメンを食べる。
Ar氏はカツカレーを頼んだが、これはかなりの大盛りでびっくりした。
(魚もこれくらいデカイのが釣れれば最高だっぺ)

流れで潮来周辺を散策し、例のジムの店でルアーまで買ってしまった。

一眠りして釣り開始。
潮来の港で一振りし、利根川水系に移動。

白鳥も泳いでいて良い感じだが、ここも濁りが入っていた。
対岸から地元のおばちゃんは白鳥に餌を与えているのか、大きな声で白鳥を呼んでいた。

そして遠くの森でツクツクボウシ、たまにカンカンカンという踏切の音がする。
なんだか随分と長閑で平和な感じがした。

釣りの方はバイトもなく終了し、隣の川に移動。


しかしこの日は最後の最後まで雨が降ったりしていたので、いまいち気分も晴れなかった。
日が沈み掛け、最後は蚊に刺されながら頑張ったが、ただの一尾も釣れずに釣り終了。


今回はオカッパリの釣りなので幾分距離を歩いた。
Ar氏は、やっぱりボートの方が良いと言っていたが、僕は慣れているからオカッパリスタイルかなと。

せめて一匹くらいは釣れたらなと思うのであった。

また来るべ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中