三番瀬デイ&ナイト

2015.10.18

長野から帰ってきて、その次の日の早朝からD氏と三番瀬ポイントに釣り。
前回の様に魚はいるかどうかわからないが、ついつい期待してしまう。

そして期待通り、僅か3投目位でラパラのツイッチンラップにヒット!
即バレたが、魚は着いている模様。

またもや同じようにヒットしたが、これもフックアウト。
D氏はアベレージサイズを掛けたようだ。

その後、チェイスは有るもののヒットは無いが、D氏だけが掛けていく展開が続く。

やっと来た!と思ったら、サヨリのスレ掛かり。
サヨリもベイトになっているんであろう。

かなり日が昇ってきたが、結局僕はノーフィッシュに終わってしまい、かなり屈辱的な釣行になってしまった。
魚はいるのに喰わない...何か問題が有るのだろう。

その日は牛丼を食べて撤収。
夕マズメにリベンジ釣行しようと思ったが、気力は有るが流石に疲労が溜まっていて断念。

18日の夕マズメ。

南風が多少あり、潮は黒く濁り実に良い感じだ。
僕の他にはヘチ釣りの人2名。

すかさず岸際をアスリートのジャークで攻めているとヒット。
岩に潜られそうになったが引っ張り出して幸先の良い一匹。

サイズは小さいがまあ嬉しい。

同じようにやると今度は重い引き。
ポンピングで一気に寄せ、岩に潜られないようにドラグを締める。
足元まで寄せてネットを取ろうといたら、軽くなりフックアウト。
フックを曲げて逃げていった。

この場所は根が粗いので、ラインを出せば根に潜られ、出さなければ身切れするかフックを伸ばされる。
足場は良いが、そう言った意味ではランディングは難しい。
それだけ秋の魚は引いてくれると言う事だけど。

数匹追加し満潮を迎えた。

夜の部は一向にアタリが取れず。
風も収まり、潮も大分澄んで来た。

夜は夜で釣れると思ったがこれは予想が外れた。
暗い中、ジャークで動きなる釣りなのか、静かな釣りなのか暗中模索する。

もしかしたら、今までボトムに着いていた魚がシャローに散ってしまったのだろうか?
そうなるとポイント移動か?など考えるが、結局粘る事にする。

大分時間が過ぎて何度も叩いた水面だが、CD7替えたらやっと出た。

そこから岸際をバチ抜けの様に引くと好反応が得られた。
静かな水面なので、出方実にハデだが型は小さい。


Bootsで

横に移動しながら拾っていく感じだが、もうキリがないのでこの日は撤収。

そして、20日の早朝も懲りずにポイントに出る。

干潮スタートで風は無風。

どうかな?と思ったが岸際からジャークで斜めに引いていると重くなった。


アスリート9サスペンドで

次は沖の方から攻めて、中間くらいでヒット。


エックスラップ

日が完全に登るとアタリは遠のき、2,3回チェイスしてきたのは確認できたが乗せることはできず。

結局打ちのめされて撤収。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中