デッドスロー

2015.11.25

前回のポイントゼロでは、セイゴの反応しかなかった。
もう湾奥は終わりなのだろうか?

そして、この日はどんよりとした天気だが、雨は持ちそうだ。
それなら三番瀬へ行ってみよう。
気合いを入れて早朝からポイントへ入るが、やはりここも反応なし。

このポイントは開拓しはじめたばかりなので、正直まだ良く分かって無い。
よし、奥まで行ってみよう。

すると水門がある事に気付いた。
干潮時にはヨレが出来るのだが、満潮だとちょっと分かりずらい。

その付近にあるストラクチャー。
そこをアスリートのジャークで攻める。

グン!と強烈な引き...と言うよりもエイを掛けてしまったような重たい引き味。
江戸川でアカエイを3回も掛けているので、正直うんざりする。

しかし、ポンピングすると、引き味が変わった。
これはなかなか良いサイズのシーバスかもしれない!

ストラクチャーに持って行かれないようにロッドを立てると、ラインブレイク!

あー!やってしまった。
リーダーを見ると、スナップの辺りから切れていて、リーダーメンテナンスを怠ったのがブレイクの原因であった。

その後、ジャークで狙うが尽くフックアウト。
結構、ナイスな引きをする奴も居たが、岩にルアーを擦りつけられたりとまったくもって魚を上げる事が出来なかった。


唯一フッコクラス

どんよりした天気だし、東風が良い感じに吹いていて、魚の活性も上がっていたのかもしれない。
しかし、こんなんじゃ終われない!

出直しでナイトゲームに繰り出す。
が、朝方の様にアタリが出ない。

「パターンが違うのでは?デッドスローで」と言うアドバイスを受け、デッドスローで試すと反応が出てきた。

Bootsとハチマルのデッドスローで60後半と60アルナシを。
昼間は、ジャークで狙っているから、夜にはデッドスローと言う頭が無かった。
ジャークで喰わすより、デッドスローの方が、ルアーをガッツリ喰っているのでフックアウトしにくい。

この魚は水門周りで出たのだが、その周辺のイナッコを捕食してたものと思われる。

大した型は出なかったが、まあ一応釣れたしこのポイントでの夜パターンは何となく掴んだ。

その後、冷たい雨がぱらついてきた。
もう12月と言う事もあり、流石に寒い(やはり冬はやってくるのである)。

水の中の方が暖かそうであった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中