ボチボチと

朝、テレビを見ていたら、どこかのライブカメラの映像が流れた。

カメラはスカイツリーを捉えているのだが、その光景よりも細かい虫が飛んでいるのが気になってしまった。

かなりの数が飛んでいるのだが、その異様な映像を見て、もう冬では無いのだなと思わせたのだ。

(鼻水も出ると言う事で花粉も飛んでるし)

 

そしてその夜、重い腰を上げてやっと初釣りを決行した。

ポイントは千葉北西部か市川辺りにしようかなと思ったが、結局浦安ポイントにした。

 

テトラに乗って周辺をチェック。

2ヶ月、いや3カ月ぶりぐらいかな、久々の釣りだ。

日が暮れてきたが、身にしみるような寒さでは無い。

 

一通りチェックしたが無反応。

うむ、少し移動するか。

 

移動先でロッドを振っていると、一人のアングラーが近寄って来た。

「どうですか?」と。

どうも昨日までは風が強く海は荒れていたみたいだが、今日は幾分穏やかとのこと。

しかし、結構潮は引いてきていて、多少やり辛くなってきてしまっている。

彼はもっと奥まで入り込むみたいだが、なるほどそう言うやり方もあるなと自分の引き出しに入れておく。

 

またテトラに乗って沖目を狙う。

これじゃなんだか去年と同じだなと思い、また最初のポイントに戻ってみると見事に干し上がっていた。

今日はダメかなと思ったが、念の為海苔の付いた岩場に海苔ポイントを攻めることにした。

水面まで5メーター位だが、海苔の岩場はまるで氷の上を歩いている様で、たかだが5メーターを5分以上掛ってしまう。

今後の対策として、スパイク使用のアタッチメントか何か欲しいところだ。

 

さて、水面直下を引いていると、何かがルアーに触った。

ストラクチャーでもあるのか、それともシーバスか。

3投目のデッドスローで魚がヒット!

おお!久しぶりの感触。

結構思い引きだったが、スレ掛かりのチビスケだった。

 

P2190015

 

まあ、型は小さいけど、最後に釣れたので良しとする。

 

今回から、網はラバーネットに替え、カメラも新調した。

ちなみに前のカメラは、去年のラスト釣行の時に水没してし液晶が写らなくなってしまったのだ(防水のくせして)。

 

さて、今年もボチボチとではあるが、釣りを始めたのであった。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中