川と蕎麦と岩魚

さてキャンプ2日目にして最終日。

朝5時に起きるつもりだったが少々寝坊してしまい、6時くらいに行動する。

天気予報は良い方に外れて今日も天気が良い。

軽く食事を摂り(と言ってもかなり高カロリーなホットサンド)、今日は昨日の夕方から入った西野川の上流部から入渓する。

入渓ポイントは大きな滝が有る辺りなのだけど、果たして人が既に入ってるかどうか気になる。

 

P9110097.jpg

 

里川と違って、さすがに山岳系の上流部は岩場を登るのも大変だし、とにかく流れが早い。

Dコンタクトなどのディープレンジを探るルアーで岩場を撃って行く。

 

IMG_1840.jpg

 

遡上しにくい分人もあまり入って無く、魚も好反応と思いきや一向にチェイスすら無い。

これ以上遡上してもキリがないし、登れば登るほど難易度はアップするし危険なのでここは一先ず撤退する。

 

一旦上がり入り易い下流域まで戻り、木や草の影を中心に撃って行く。

根掛かりした時などはヒットしたと誤解してしまい一瞬喜んでしまう。

 

P9110110.jpg

 

とにかくこの朝に一匹だけで良いから出しておきたい。

そして草の影を通してたらなにか重くなった。

ん!?根掛かりかと思ったが魚が掛っていた。

ロッドを煽ったが、残念ながらフックアウトしてしまった。

くそお!この一尾が獲れていたらノルマ達成だったのに、と言う事で午前の部は終了。

 

テントを片づけ昼飯にする。

この開田高原には蕎麦畑も多数広がっており、蕎麦の生産量も多い。

その為蕎麦屋も沢山軒を連ね、初日の昼も蕎麦を食べたし、二日目も『ふもとや』と言う蕎麦屋に入った。

蕎麦屋は古民家で、畳敷きの大部屋に案内された。

蕎麦には生ワサビが付いていて自分達でわさびを擂らなければならない。

D氏はワサビ擂りはツイッチよりもきついと言っていたが、これはこれでなんとも贅沢な感じだ。

 

_DSC4788.jpg

 

さあてと、蕎麦もたらふく食べたし午後はどの川にしようと思案したが、その蕎麦やの近くにも良い感じの里川が流れていた。

ここで昼寝をしようかなと思ったが、まだ一尾も釣りあげてない僕は昼寝をするD氏を置いて一人その川に入った。

 

_DSC4795.jpg

 

入った矢先の橋の下でチェイスがあったし、他のアングラーの姿も見えないのでこれは期待できそうだ。

日中は、魚も鳥から隠れるために木の影や草の影に潜んでいる。

それ故に日中に魚を狙うのは少々難しい。

本来ならこんな天気の良い日中は釣り辛いので昼寝でもしていた方が良いのだが、やはり少しでもチャンスを逃さないために僕は気合いを入れて撃っては遡上しを繰り返した。

そこで漸く堰堤上の草の陰で魚がヒット!

足元まで寄せ、浅場まで誘導しようかなと思った所でフックアウト。

あーこれは獲ったと思ったのに!

 

P9110116.jpg

 

興奮醒めきらぬうちにルアーを撃って行くが岩にルアーが入り込み、ヒットルアーをロストしてしまった。

これで一気にモチベーションダウン...。

 

少し遡上し深場で小さな魚がルアーにジャレてきたが、小さいのかフックアップまでは行かず、キリがないので諦めモードでダウンで戻ることにした。

ここでやっと相棒も起き出し釣りを開始した模様で、早速「1ゲット」とメールが入った。

こっちは寝ないで釣りしてるのにそりゃ無いよなあと。

しかも川ですっ転んだり、トゲトゲの草の崖を藪こぎしたり、結構過酷な釣りをしてるのに...。

果たして釣りを楽しんでるのか、それとも苦しんでるのか悶々とした気持ちで川を下る。

 

相棒と合流し、あと一時間くらい釣りをすることに。

あまり早く上がっても結局帰りの高速道路が混んでるので、暗くなるくらいまで釣りをしようと橋一つ分下流から入る事にした。

 

P9110131.jpg

 

後、一時間か...。

心の中では「最後には絶対魚出せてるよ」と思ってるけど、もう時間が時間だ。

大丈夫、暗くなってからが勝負だ。

いやあ、でも橋一つ分でしょ?今回は無理そうだな...。

 

入った矢先の川の小さな堰の一級ポイントで3投目したがやはりノーバイト。

堰を超える前に角っこも撃っておくかとルアーを投げるとヒット!

 

来た来た来た!!

 

無我夢中でリールのハンドルを巻き浅場に魚を上げる。

 

P9110140.jpg

 

やった!やっと釣れたよ。

アイマのイッセンというミノーで釣れた。

一瞬アマゴかなと思ったが、これはヤマトイワナというイワナ。

 

僕の最近の釣りって、こう言う最後で釣れるパターンが多いような気もするが...まあ釣れたのでそりゃ嬉しい。

このヤマトイワナはこの辺りでは木曽岩魚とも呼ばれており、ニッコウイワナが白い斑点が有るのに対し、ヤマトイワナは赤い斑点が有るのが特徴だ。

ニッコウでもヤマトでもこの際どうでもよく、とにかく魚が釣れたのでこれで帰路に着く事が出来る。

この魚が釣れたことにより、今回の旅は良い旅として完結するのである。

 

P9110186.jpg

 

一匹釣れると余裕が出てくるよ。

 

P9110200.jpg

 

そして30分くらい流してD氏はアマゴとイワナをゲットし撤収する事にした。

 

_DSC4808.jpg

 

P9110220.jpg

 

今回のキャンプもギリギリ魚も釣れたし、天気も良く、アクティビティを楽しむ事が出来た。

 

しかし半日中釣りをしてたからそりゃ疲れたよ。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中