ポイントゼロの朝

千葉北西部のポイントゼロに早朝から釣行。

ポイントゼロと言ってもいつも素通りしていたポイントでの釣り。

何度かやった事は有ったがそれほどの釣果がないんだけど、実は魚はしっかり着いているらしい。

 

その辺りは同行のD氏がチェック済みで、結構な魚をキャッチしていて、僕もそれに肖ろうという魂胆。

そして開始早々に相棒が2匹ゲット。

僕は慣れないポイントなので魚の気配すら感じられなかったが、やっとミノーのジャークでバイトが得られ、その後に直ぐ魚をキャッチできた。

 

PB030002.jpg

 

この日は風も無く非常に穏やかな天気で、潮の色は少し濁っている程度。

北風が強いと青潮も心配されたがそれも無く良い感じ。

ただ天気が良すぎると魚もシェードに隠れてしまうので、日が昇らないうちがチャンスだろうと。

 

PB030007.jpg

 

沖の方でボイルが起きていたので、すかさずミノーを投げるとヒット!

しかしこれはフックアウトしてしまったが、シーバスだけじゃなく青物(小さいサバ)なども時たま廻ってくるみたいだ。

 

さて日が昇り幾分アタリが薄れてくると、やはり狙うはテトラ周り。

満潮時はゴロタの方まで満水になるためにウェーダー必須だ。

他のアングラーもその上のテトラから釣りをしいるが、ヒットしたら手前のテトラをどうかわすのだろうかと余計な心配をしてしまう。

 

そんな事を思いテトラ際を狙っているとヒット!なかなかの引き味。

テトラに潜られそうになるのを耐えネットインすると、スズキサイズかと思いきや58センチのフッコサイズ。

 

PB030017.jpg

 

その後も同じコースを通すとヒット。

これも良い引き味だったがフッコサイズで、ネットに掬おうとした瞬間フックアウト。

いやあ、秋のシーバスは結構な引き味で驚かされる。

 

しかもワームでダートさせるワインドと言う釣り方で、まともに釣れたこともありひとつ引き出しが増えた(事にする)。

 

さらにもう一尾も同じように。

 

PB030028.jpg

 

終わってみれば3本と、D氏はMax65含む5本。

すがすがしい朝を迎え朝の部は終わり。

 

この日は休みの日なので、テトラの上にタックルケースや更にはコーヒーまで置いてのんびりシーバス釣りをしてるのを見ると微笑ましく思う。

だいたい内らなんかは単純に釣りを愉しんでいるのか?ただ釣るための釣りになっては無いか?

確かに、やり始めた当時に比べると腕は上がっているが、その当初は例えボラでさえも大喜びしてたものだ。

まあ、シーバスの引き味は何度掛けてもエキサイティングするし辞められないのだけれどね。

 

夜の荒川単独釣行は...バイトも無し...なんだか最近ナイトシーバス釣れてないな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中