養老川の主

12月に入りもう今年の釣りも終わりかなと思ったが、Ar氏が釣りに行きましょうと言う事で釣行。

最初は荒川くらいで温く行こうかなと思ったが、なんならちょっと遠征して市原あたりに行こうと。

彼とは主にバスフィッシングだが、今回は久々にシーバス釣り。

PC080018.jpg

田舎の早朝は霜が降りていて寒い。

PC080009.jpg

先ずは養老川の中流域に入る。

前に養老川で釣りをした事があったなと思ったが、なんとなくイメージが違ったので、それは多分違う川なのかもしれない。

川には川霧が出ていて幻想的だが、なんと水があまり無い。

この日は長潮であまり潮は動かない日であったが、ちょうどポイントに入った時は干潮からの上げ潮だった。

あまりにも水が無かったのでちょっとやって、一気に海の方まで移動。

PC080024.jpg

河口には千葉の工業地帯が広がっている。

去年シーバスボートをやった時に、この辺りをクルージングしたのだった。

ポイント的には感じ的には悪くなく、ジャークにワンバイトくらいあるかなと思ったが、無反応に終わってしまった。

しかしこのポイントなかなか悪くないと思った。

それと西北西の風が若干強いので、ベイトタックルのAr氏にはきついだろう。

と言うことで、もう少し上流へ移動。

PC080052.jpg

満潮の養老川だが、ここも一向にアタリなし。

魚っ気がまるっきり感じられず、大きな鯉が泳いでいるだけだった。

ちょうど昼時なのでお湯を沸かして昼食にする。

PC080049.jpg

さあてどうするか?

木更津の方まで行くか、それとも江戸川あたりに戻るか...。

いや満潮下げを狙って、先ほどのポイントまで行こう。

 

もともとこの川は浅いのか、満潮時でも手前は浅い。

こんなんだったらウェーダー持ってくればよかったな。

それで橋の下など、深くなっているところを狙うがここも無反応。

もう時期も時期なので魚落ちちゃったな?

PC080070.jpg

Ar氏がロッドを振っているポイントに行き様子を見る。

全然アタリも無いとの事。

彼のタックルはどう見てもバスを釣る様なタックルだ。

そんなんでシーバス釣れんのか?と心配してしまう。

僕もこの場所でジャークなどやってみたが底を擦ってしまうくらい浅い。

水鳥もなんだか平和そうに戯れている。

 

Ar氏を見るとあまりにも釣れないのか昼寝をしてしまっている。

そもそもシーバスなんて4,5投で反応無ければ直ぐ移動と決まっている。

もうかれこれ一時間以上竿を出しているし...。

 

悶々としてる中、昼寝してると思っていたAr氏の声が聞こえた。

「ヒット!!シーバスだ!」

 

なに!?鯉か何かじゃない?

 

それでも僕はネットを持って急いで駆け寄った。

彼のバスロッドは大きく曲がり、その5メーター先には悶えている大きな魚体。

 

大きな鰭!

 

間違いなくシーバスだ。

 

まじデカイ!

 

日中にこんな間近にでかい魚体を見るのは初めてだ。

80アップ、いやもしかしたら90アップある魚体かもしれない。

僕は網の柄を伸ばしランディング体制でファイトを見守る。

「落ち着いて」

全然寄ってこない...ん?

 

良く見ると魚の暴れ方がおかしい。

スレ掛かり?

いやスレ掛かりでも普通魚は泳ぐものだけど、そこにステイしている。

 

「やばい巻かれた!」

「え?」

 

残念ながら、捨て糸か何かにルアーが巻かれていたのであった。

間違いなくランカーあったはずであろうシーバスもフックアウトしてしまった。

いやー、コレは残念!

これ獲ってれば、くそお!

 

僕も少し足が震えてしまうほどエキサイティングしてしまった。

まさかあんなのが居るとは...。

ルアーはバス用のノイジーと言うトップ系のルアーで、「超良い出方をした」との事だった。

 

それにしても、あれだけ投げ倒したポイントなのにどういうことだろう?

考えられる要素として...

 

①ただ単純に食事時になったからランカーがポイントに入ってきた。

②既にそこにランカーは居たのだが何かの原因でスイッチが入った(Ar氏は場を寝かせるために自分も昼寝をしたとの事)。

③ルアーが音がでるものなので、遠くに居たランカーが興味心身で寄って来た。

 

このポイントは流れ込みになっている個所なので、このシーバスはベイトが流れてくるのを良い場所でステイしたのかもしれない。

いずれにしても大きな魚体は、餌を追ってると体力を消耗するので、岩陰などに身を寄せ流れてくるのをじっと待ている傾向があるのだ。

 

しかし、バラシたランカーは海から川に上がってきてこうやって餌を獲り、長い日々を生きてきたのだろう。

今回はルアーに喰いついてしまったが、それでもフックを外しこれからも行き続けるのである。

長く生きる魚はそう言った困難を乗り越えたまさにこの川の主なのである。

その魚を実際に見、そして感触を味わえただけでも感謝しなくちゃいけないのかもしれない。

と思いたいが、やはり釣りたかったよなあ...。

PC080078.jpg

最後はまた海の方へ行き無事ほげって終了(僕は結局ノーバイト)。

このポイントはウェーダー必須の干潟ポイントだと言う事が分かった。

この釣りで気付かされた事が幾つかあった。

 

一つはそのポイントがもつポテンシャルの大きさ。

二つ目は音がでるルアーに関してで、今回ヒットルアーは音が出るタイプであったが、グースやハチマルなどラトルの音で、ある程度集魚効果があるのだと言う事が再確認できた。

そして3つ目は、結局魚の習性はわからないものだなあと言う事。

 

だから釣りは止められないのだけどね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中