恒例行事

今年はもう釣りへは行かないと思いリールなどもメンテナンスしていたが、相棒から釣り収めをしようと言う事で釣行。

年末年始に釣りをするとしたら、房総半島や三浦半島への遠征がセオリーなのだが、今回は湾奥のホームグランドで朝方だけやることにした。

12月下旬だとはっきり言って釣れない可能性大なのだあ、まあこれは「毎年の恒例行事」と言う事だ。

釣れても釣れなくても釣り収め。

(釣りを始めた当初は、大みそかから元旦に掛けて釣りをしてたよなあ)

 

さて早朝、前日に降った雨は止んだが、南西からの風が強い。

千葉北西部ポイントは、標識まで折れるほどの強風で、これじゃまるで台風の中継みたいだ。

内陸と海縁では風速がまるっきり違うのだ。

 

IMG_2123.jpg

 

これじゃ釣りどころでは無く恐怖すら感じる。

 

さあてどうしよう...。

グーグルマップを眺め風裏ポイントを見つける。

 

map.jpg

 

どうすっぺと逡巡し、相棒が前に見つけた風裏ポイントに移動する。

僕も色々湾奥は見てきているつもりだったが、まだ知らないポイントも沢山あるのだなと思った。

 

ここは完全に風裏ポイントなのか無風で水質も良い感じだが、いかんせん潮位が低すぎて釣りにならない。

それなら近くの三番瀬ポイントに移動してみよう。

 

PC230004.jpg

 

するとどうだろう?あれれ風が止んだのか先ほどの海とは大違いで穏やかだ。

結局いつもの三番瀬ポイントでロッドを振ることにした。

 

海が荒れていたのか多少の濁りが入ってはいるが、それよりもなんなんだこの暑さは。

12月下旬の気候というより冗談抜きでTシャツ一枚でも釣りが出来るくらい気温が高い。

相棒は本当に途中からTシャツになり、僕は汗だくでランガンする羽目になる。

こりゃ暑くて耐えられん...まだ寒い方が良い!

 

と言う事で、結局ノーバイトでこのポイントも移動。

そして先ほどの風裏ポイント。

水位も上がってきて、これは釣れそうだ!

 

PC230015.jpg

 

手前はかなりシャローになっているが、その数メーター先から一気に深くなっている。

その掛け上がりをジャークなどで狙っていく。

 

フッコくらいは釣れるかなと期待したが、結局ここでもノーバイトで終わってしまった。

やはり時期も時期だし、湾奥は厳しいのである。

 

今年の釣りはこれにて終了。

お疲れさんでした。

 

今年も色々と釣りをした。

シーバスはもちろん(シーバスはいまいちだったが)、ブラックバス、クロダイ、ブラウントラウト、あとメッキとか。

一番嬉しかったのはやはり開田高原でのヤマトイワナだろう。

最後の最後に出てくれたので、あの時は本当に安堵したよ。

 

と言う事で、来年も良い釣りをしたいなと願うのである。

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中